【TIPS】ストレージのフォーマットは「APFS」それとも「Mac OS拡張」?|Mackintosh入門

ストレージのフォーマットはAPFSにすべきか?

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

今回はMacintoshを使う上でのフォーマットに関する小ネタを紹介します。

Mac用のディスクフォーマット形式は長らく「Mac OS拡張(HFS+)」が推奨されてきました。

しかし、2017年に登場したmacOS High Sierraから新しいディスクフォーマットである「APFS(Apple File System)」の運用が始まっています。

2020年にリリースされたmacOS 11 Big Surからは、APFSがTimeMachineにも対応したことにより、外部ストレージもMac OS拡張からAPFSの方が推奨と変わりました。

APFSには次のメリットがあります。

  • ファイルシグネチャーが32bitから64bitへ。より多くの情報を追跡可能に。
  • 新しい方法で計算するため、HFS+に比べ17倍早くファイルのコピーが可能
  • 随時パーティションのサイズの変更も安全かつ問題なく行うことが可能
  • ネイティブにディスク全体の暗号化に対応
  • クラッシュに対する保護
  • フラッシュメモリおよびSSDに最適化

ただしAPFSでフォーマットすると、macOS Sierra以前のmacOSからは読み取れなくなりますので注意が必要…(ってほとんどの人がSierraはもう使っていないと思いますが)

あと当然ながら、Windowsからは読み取れません。あしからず。

APFSのフォーマットの方法(USBメモリ編)

じぶんのストレージがMac OS拡張なのかAPFSなのか確かめるには、アプリのディスクユーティリティでそのストレージを見るとわかります。

→ディスクの「情報を見る」でも確認できます。

以下、USBメモリをAPFSにする方法を解説します。USBメモリの場合はちょっと手数を踏みます。

  • データは全部消えますのでご注意ください。
  • Mac専用のUSBメモリになるのでWindowsと併用している方は要注意です!
ディスクユーティリティをひらく

ユーティリティの中にあるディスクユーティリティを開きます。

続いてサイドバーメニューからすべてのデバイスを表示にします。

いったんMacOS拡張でフォーマット

市販のUSBメモリはexFATでフォーマットされていると思います。これをいったんMacOS拡張でフォーマットします。

サイドバーで目的のストレージを選択して、右クリックでメニューを表示して、消去を選択します。

このときUSBメモリだとフォーマットにAPFSが出てきませんので、とりあえずMacOS拡張にしてください。また方式はGUIDパーディションマップを選択してください。

APFSに変換

フォーマット(消去)が終了したら、再度、サイドバーから右クリックでメニューを表示すると、APFSに変換…があると思いますので、選択します。

このとき変換する前にマウントを解除しておかないと失敗します。

以上で終了です。

SSDなどは選択するだけで簡単にできます。

古いOSでなければAPFSにするのが吉

Good!

長らく使われてきたMacOS拡張(HFS+)フォーマットももう過去のものになりつつありますね。iOSもWatchOSもAPFSになりました。機能的にもAPFSの優位性は明らかなので、今後、MacOS拡張(HFS+)は消え去っていくことでしょう。

以上、ご参考にしていただけると嬉しいです。ではでは〜。

\ あわせて読みたい /

コメントを残す