【実機レビュー】時代はPD×2口!Aukeyの最新PD対応充電器PA-D5をチェック!

https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/02/ane-1.png
アン秘書

所長!旅行や出張のとき用にPD対応の二口充電器がほしいのですが、オススメはありますか?

https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/03/marlowe-normal.png
マーロウ

意外に少ないんだよな。AnkerとAukeyしか出してない。Aukeyの充電器を購入したのでレビューしていこう!

窒化ガリウムのおかげで登場したPD×2タイプ

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

今回紹介するのは、Amazonタイムセールで自腹購入したUSB充電器Aukey PA-D5です。安くなっていたので思わずポチッとやってしまいました^^;。

▼レビューポイントをざっくり言うと…
  1. 市場には少ないPD×2タイプでそれなりにコンパクト。
  2. 60W級の出力でノートPCなど大型デバイスも充電可能。
  3. 値段がまだまだ高いですね。

スマホアクセサリーでは実績のあるAukey商品

中国のスマホアクセサリーメーカーAukeyは日本にも10年以上前から進出していています。

スマホ関係アクセサリーをはじめ、カーアクセサリー、オーディオ系のデバイスを生産販売しています。似たような企業にAnkerがあって、名前が似ているのがちょっと問題ですね。

Aukey PA-D5のセールスポイント

Type C×2は便利

最近はUSB-Type Cに対応したデバイスが増えてきましたので、Type C×2口。それもPDに対応したものが欲しくなってきます。

ところが、どうやらPD対応の2口というのはかさばりやすく、コンパクト化が難しかったらしいのですが、窒化ガリウムの登場でようやく持ち運び可能な大きさで製作可能になったようです。

60Wの大出力が可能

片側だけですが、最大60Wの出力が可能なので、MacBookのようなノートPCやドローンの充電が可能になります。

上下同時使用した場合は18W+45W=最大63Wの出力が可能ということですね。

Aukey PA-D5製品仕様

  • 型番: PA-D5
  • テクノロジー: Power Delivery 3.0
  • 入力: AC 100–240V 50/60Hz
  • USB-C 出力1: (18W Power Delivery) 5V 3A, 9V 2A, 12V 1.5A
  • USB-C 出力2: (62W Power Delivery) DC 5V 3A, 9V 3A, 12V 3A, 15V 3A, 20V 3A
  • 総電力: 63W
  • 寸法: 67 x 64 x 29mm
  • 重量: 148g

Aukey PA-D5をフォトレビュー

開封の儀

今回はAmazonでタイムセール¥3,654で購入しました。アダプターにしては高めですが、PD×2口に限るとAnker製品と比べれば安いほうです。

ダンボールのような厚紙の化粧箱。エコな印象で高感度アップ!中に不要な梱包資材もなくコンパクトです。

付属品一式。ケーブルは付属していませんので注意。へんな模様のシールはいらないですねぇ。

充電口のオレンジの縁取りがアクセントになっています。わかりやすくていいですね。

背面はプラグが折りたたみ。コーナーはカーブ処理されています。

側面。AUKEYマークがさり気なく刻まれています。

サイズチェック

電源タップに差し込んでみました。となりとまったく干渉しません。

手持ちのAnker PowerPort Atom III (Two Ports)とサイズ比較。一回り小さいです。

重要チェック。公称値148gよりもやや軽め。手頃な重量ですね。

出力をチェック

テスターで出力をチェックしてみました。

AnkerのモバイルバッテリーPD対応品(PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition)だと、12Vや20Vで出力しています。

Xiaomi Mi 9。5V出力。

https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/03/marlowe-normal.png
マーロウ

かんたんなチェックしかしてないが、公称値に問題はなさそうだな。

Anker充電器との比較表

PD対応でType-C×2口の充電器は国内だと他にAnkerぐらいしかありませんので、かんたんに仕様を比較してみました。

AukeyもAnkerも60W級と30W級があります。出力の仕方に違いがありますね。あとAukeyのほうがサイズも重量もややコンパクトです。

いっぽうで、Aukeyは黒しかカラバリがありません。

もうひとつ。AukeyはほぼPD準拠といった仕様ですが、AnkerはPower IQ 3.0という独自仕様で、iPhoneを始めとした各種仕様に対応しています。そのためPDのルールに違反していますので「準拠」ではなく「対応」となっています。

AUKEY
PA-D5
AUKEY
PA-D2
Anker PowerPort Atom PD 2Anker PowerPort III Duo
63W
(18+45)
30W
(18+18)
60W
(30+30)
36W
(18+18)
148g115g178g102g
67 x 64x 29 mm64 x 60 x 29 mm68 × 69 × 28 mm63 × 62 × 29 mm
https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/03/marlowe-normal.png
マーロウ

PDルールに違反だとかは一般ユーザーはあまり気にしなくても良いのだが、気になる方はAukeyやCheeroの製品がおすすめだ。

Aukey PA-D5の評価

良かった点

  1. PD×2口ではなかなかコンパクト。
  2. 最大60Wのパワフル出力が可能

残念な点

  1. 4,000円前後の価格は高い!
  2. このサイズで3口(Type-C×2, Type-A×1)があれば嬉しいです。
Aukey PA-D5の評価
  • デザイン
  • 給電能力
  • サイズ
  • 価格
4.1

総合評価

PD対応ガジェットを多数お持ちの方におすすめ!今後主流になるアダプター!

PDで充電するにはPD対応のUSB Tyep-Cケーブルが必要です。こちらもAukeyで揃えてみてはいかがでしょうか。

https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/02/ane-1.png
アン秘書

最後までお読みくださりありがとうございます!

https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/03/marlowe-normal.png
マーロウ

良いガジェットライフを楽しんでくれよ!

👇 あわせて読みたい 👇

【実機レビュー】Ankerの執念を感じた!小さすぎるスマホ充電器の実力とは?|Anker PowerPort III Nano【実機レビュー】オーマイガッ!コンパクトなのに60W出力!GaN採用|RAVPower RP-PC112!【61W】【実機レビュー】Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition|PD対応大容量モバイルバッテリーで旅行や出張も安心【実機レビュー】Anker PowerPort Speed 1 PD 60|コンパクトなのにハイパワーな急速充電器【ノートPC向け】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。