【BIGLOBEモバイル】乗り換えでセット購入するならこのスマホ6選|キャンペーンでお得!

アン秘書
アン秘書

所長!BIGLOBEでスマホをセット購入するならどれがおすすめですか?

マーロウ
マーロウ

種類が多くて迷うよな。でもゴミみたいな機種も多いからおすすめ機種をセレクトしておいたぞ。

BIGLOBEモバイルに乗り換えを考えているなら本体セットがお得!

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

Youtubeなどのエンタメフリー(使い放題)が話題の格安SIM・Biglobeモバイル。加入時のセット割引が大きく強化されてきました。

そんなBIGLOBEモバイルが向いているのは次の条件のどれかに当てはまる方!

BIGLOBEモバイルが向いている方
  • YoutubeやSportifyなどのエンタメサービスをよく使うのでギガ難民
  • 回線速度をあまり気にしない(自宅や会社にWi-Fiがある)
  • あまり電話をかけない(SNSがメイン)
  • 格安SIMにチャレンジしてみたい(初めてのMVNO)
  • 安心して使いたいので信頼できる業者が良い

ただ機種が多くてどれを購入すればよいのか迷ってしまいますよね。しかも中にはゴミのような低性能の機種も紛れ込んでいます。iPhoneにすれば迷いもありませんが、古い型しか扱っていません。ぜひぜひオススメリストを活用していただければと思います。

なおオススメ品が中華メーカーに偏っているのは、推しだからではなく、中華メーカーの製品が圧倒的に性能とコスパが良いからです。

BIGLOBEモバイルでは現在、下記のキャンペーンを開催していますので、スマホ本体がかなりお得に購入できます。ただし機種限定!

キャンペーン期間:
2020年9月1日 〜 2020年11月3日 23:59

セット購入で最大20,000円相当のポイント還元!

20,000Gポイント還元対象製品

18,000Gポイント還元対象製品

15,360Gポイント還元対象製品

  • moto e6s

音声SIM契約で月額費用を900円割引!

どのプランからも6ヶ月分×900円(=5400円)値引きされます。なかでも音声通話3GBプランなら月額利用料が700円になってしまいます。タイプA(au 4G LTE回線)、タイプD(NTTドコモ回線)いずれでもOKです。

音声通話SIMのプラン月額料金

PLAN - PRICE

Description

Description

text

text

text

text

プラン

1G

3G

6G

12G

20G

30G

1~6カ月目

500円

700円

1250円

2,500円

4,300円

6,550円

7カ月目以降~

1,600円

1,600円

2,150円

3,400円

5,200円

7,450円

※データSIMおよびSMS機能付きデータSIMでは割引が適用されませんのでご注意を!音声通話SIMのみです。

※ 通話料、SMS送信料、ユニバーサルサービス料は別途費用がかかります。

人気のエンタメフリーが最大6ヶ月無料!

BIGLOBEの最大の売りであるエンタメフリー・オプションがなんと6ヶ月無料!テレビ代わりにYoutubeを見てギガ難民になっている方には朗報ですね!

対象サービス(2020年5月1日現在)

動画配信 (動画視聴のみ)

YouTube AbemaTV U-NEXT YouTube Kids

音楽・ラジオ配信 (音楽再生/ラジオ聴取のみ)

Google Play Music YouTube Music Apple Music Spotify AWA Amazon Music LINE MUSIC radiko らじる★らじる dヒッツ RecMusic楽天ミュージック 

NEW電子書籍配信 (閲覧・ダウンロードのみ)

dマガジン dブック 楽天マガジン  楽天Kobo 

その他のアプリ

Facebook Messenger

※ 3GB以上のプランでご利用いただけます。また対象サービスの有料コンテンツ、プランは各社へのお支払いが必要です。

※※過去に『エンタメフリー・オプション』をお申し込みいただいたことがある方は対象外

  • 6カ月間プラン料金が500円(税別)~/月!
  • エンタメフリー・オプション最大6カ月無料

BIGLOBEモバイルオススメのスマホ6選

\チェックすべき6項目

スマホの性能は次の6項目を比べるとだいたいわかります。それでは早速リストをチェックしてみましょう。


ディスプレイ
サイズ|解像度|種類(液晶or有機EL)


処理能力
SoC種類|メモリ容量|ストレージ容量


カメラ
レンズ数と解像度|イメージセンサー


バッテリー
容量(mAh)|急速充電能力


ボディサイズ
重さ|厚さ


Antutuスコア
数値が高いほど高性能

1. Xiaomi Redmi Note 9S

4G

おすすめ度:
(5.0)

実質総額2,560円

6.67″ 2,400×1,080
IPS液晶

48+8+5+2+2MP
不明センサー

209 g
8.8mm厚

Snapdragon 720G 
4G / 64G

5,020mAh
18W急速

Antutu v8
274,500

  • ミドルハイクラスのSnapdragon 720G採用でサクサク。
  • 5,020mAhの大容量バッテリー
  • カメラが4眼。そこそこ撮れる
  • 強烈なコスパ
  • 高級感は無し
  • おサイフケータイに非対応
  • やや重め
  • メモリが4Gとやや少なめ

とうとう日本へ進出してきたXiaomiの鬼コスパ機種。Redmi Noteは鬼コスパで世界を席巻してきた機種です。20,000円台でここまでのコスパは他社には真似できないでしょう。

性能的にもミドルクラスで良くまとまっており、なんといってもSoCはミドルハイに迫るSnapdragon 720Gですから、ほとんどのゲームは問題なくプレイすることができるでしょう。

やや無骨な感じがすることと、200g超えの重量が弱点といえば弱点です。

マーロウ
マーロウ

このリストの中でコスパはずば抜けているぞ。

2. Xiaomi Mi Note 10 Lite

4G

おすすめ度:
(4.5)

実質総額16,000円

6.47″ 2,340 × 1,080
有機EL

64+8+5+2MP
Sony IMX686

204g
9.67mm厚

Snapdragon 730G 
6G /64G

5,260mAh
30W急速

Antutu v8
264,493

  • この価格帯で有機ELディスプレイを採用!
  • カメラのイメージセンサーがSONY IMX 686.ハイエンド級
  • 超大容量バッテリー
  • 30Wの急速充電に対応
  • やや重め。厚みもある
  • おサイフケータイ非対応

2番めもXiaomiです。Redmi Noteが中の下(ミドルロー)クラスなのに対して、Mi Noteはミドルからミドルハイのクラスになります。Redmi Note 9Sよりすべて一回り性能が良くなっています。

少し予算に余裕があるのであれば、Redmi Note 9Sよりも絶対こちらの方が満足度は高いです。

なかでもこの価格帯で有機ELとSony IMX686を搭載しているのは優秀です。

マーロウ
マーロウ

カメラ性能にこだわるならこの機種。コスパ度も圧倒的!

3. OPPO Reno3 A

4G

おすすめ度:
(4.5)

実質総額 16,000円

6.44″ 2,400×1,080
有機EL

48+8+2+2MP
不明センサー

175g
8.2mm厚

Snapdragon 665
6
G / 128G

4,025mAh

Antutu v8
190,000

  • おサイフケータイ+防水の日本仕様
  • 有機ELディスプレイ採用できれいな画面
  • 軽量コンパクト
  • SoCがやや弱め。

全機種のReno Aは日本仕様にあわせておサイフケータイ+防水仕様で爆発的ヒットとなりました。この2つにこだわるならこの機種一択です。

有機ELディスプレイ搭載ですし、カメラは4眼。Xiaomiのスマホに比べるとだいぶスリム化されています。重さが気になる方もこちらですね。

ただ上記のXiaomi製品に比べて、SoCの性能がやや弱め。カメラ性能もバッテリーもやや劣っています。

一方で、クリスタル系の美しいバックデザインは女性ウケするでしょう。Xiaomiが無骨なのと対照的です。

マーロウ
マーロウ

Micro USB端子が気にならなければ、オススメできるな。とくに有機ELディスプレイが気に入ったぞ。

4. HUAWEI nova lite 3+

4G

おすすめ度:
(3.0)

6.21″ 1080 x 2340 px
有機EL

13+2MP
不明

163 g
8.2mm厚

Kirin 710
4G+128G

3400mAh
15W急速

Antutu v8
128,500

  • おサイフケータイ対応
  • 有機ELディスプレイ採用
  • 軽めのボディ
  • プラチナバンドはSoftbankのみ
  • 一部日本語化に難あり
  • バッテリー容量少なめ

Huaweiが米国の制裁を受けているのはご存知と思います。新しい製品を出せないので、去年発売した製品をいまだに販売し続けています。

とはいえ巨人Huaweiのスマホですから、出来はしっかりしています。現在発売されているP40とは異なり、ちゃんとGoogleサービスも使用できますし、実際の使用にあたってはまったく問題ありません。

さらに日本仕様に合わせておサイフケータイと防水にも対応。写真もきれいに撮れます。

昨年、爆発的ヒットしましたので、評判も良いです。割引が10,000円になりますが、この良機種が2万円台で購入できると思えば安いもの?

マーロウ
マーロウ

新発売のOPPO Reno3 Aよりも、こちらの方が性能的にオススメ。

5. HUAWEI nova 5T

4G

おすすめ度:
(3.0)

6.26″ 1080 x 2340 px
IPS液晶

48+16+2+2MP
Sony IMX586

174 g
7.9mm厚

Snapdragon KIRIN 980
6G+128G

3750mAh
22W急速

Antutu v8
376,278

  • ミドルハイクラス。優れた処理能力
  • SONY製IMX586センサー搭載
  • 軽めのボディ
  • やや高め
  • 液晶ディスプレイ
  • バッテリー容量やや少なめ

上で紹介したNova lite 3はエントリークラス。性能的にはもの足りない面があります。

そこで少しお金を出しても、良いのならこちらのnova 5Tがオススメ。Kirin 980搭載で性能的には文句なし。カメラもSony製IMX586なのでキレイに撮れます。

ただXiaomiのMi Note 10 Liteと比べると、カメラ性能とコスパ度で負けますので、こちらはコンパクトサイズが好みの方向けと言えるでしょう。

マーロウ
マーロウ

米国の制裁を受ける前に製造された機種なので、Googleサービスも問題ないぞ。

6. OPPO A5 2020

4G

おすすめ度:
(5.0)

6.5″ 1,600 × 720
TFT液晶

12+8+2+2+2MP
不明センサー

195 g
9.1mm厚

Snapdragon 665 
4G / 64G

5000mAh
急速充電非対応

Antutu v8
163,000

  • ミドルクラスのSnapdragon 665採用。
  • 5,000mAhの大容量バッテリー
  • カメラが4眼。
  • 液晶がTFT。解像度もFHDに足りない
  • 急速充電に対応していない
  • やや重め

Huaweiが米国の制裁で失墜するなか頭角を表してきた中華スマホメーカーOPPO。中国では2位か3位に位置づける巨大スマホメーカーです。

OPPOの特徴はなんといってもカメラ性能重視。エントリーモデルでも4眼レンズ付きです。性能は価格なりですが、それなりに撮影も楽しめます。

シニアなどのライトユーザーであれば十分満足できる性能だと思います。ご両親のプレゼントにもいかがでしょう?

マーロウ
マーロウ

カラーリングも3種類から選べる。両親や祖父母向けにオススメ。

BIGLOBEモバイルオススメのスマホまとめ

いかがだったでしょうか。スマホの買い替えを検討されいるのであれば、ぜひBIGLOBEの買い替えも検討してみてください。かなりお買い得だと思います。2台目のサブスマホにも良いと思います。

  • 6カ月間プラン料金が500円(税別)~/月!
  • エンタメフリー・オプション最大6カ月無料

\ あわせて読みたい /

BIGLOBEモバイルでRedmi Note 9Sが¥5,060相当になるキャンペーンを実施中!【楽天モバイル】ただ同然で買えるおすすめスマホ3選|今のうちにゲットだぜ!【Rakuten UN-LIMIT】【クーポンあり】FUJI WiFi SIM半端ないって!高速大容量すぎてデュアルSIM運用ならこれ一択!ギガ難民から脱出【まとめ】

コメントを残す