【小ネタ集】衝撃の事実!アンチウィルスはWindows Defenderで十分?

マーロウ

このサイトの裏テーマは物事を複雑にみせて設けている仕組みを見つけ、皆さんに良いガジェットを安く買ってもらうことだ。今回、それに資する衝撃の記事をみつけたので報告するぞ!
”標準のセキュリティ機能は“ないよりはマシ”程度の機能しかありません。専用ソフトウェアの導入をお勧めします”(下記IT Mediaの記事より引用)

長いことWindowsを使ってきたユーザーなら店頭でこういう宣伝文句を聞いたことがあるでしょう。私も有料のアンチウィルスは買わなくても、無料のやつぐらいは入れておこうかなと思ってたクチです。

ところが下記の記事によればなんとWindows10にはそれなりの能力のもったソフトWindows Defenderがあらかじめ備えられているというのです。 出典はこちら↓↓↓。

「他のセキュリティ対策ソフトはもういらない」とアピールするWindows Defenderの現状 (1/4)

先日Twitterのタイムラインを眺めていると、こんな趣旨のツイートが流れてきた。  この話が真実かはさておき、かつてWindows搭載PCを購入する際には、定石のように語られ続けてきたセールストークだ。実際に店頭で同じような会話をしたことがある方もいるのではないだろうか。  だが2015年7月のWindows 10登場以降、Windows標準のセキュリティ機能「Windows …

かつてWindows Defenderはマルウェア対策用だったのが、総合セキュリティソフトへと進化し、十分なアンチウィルスソフトとしての機能を備えているというのです。詳しくは上記の記事を読んでいただきたいのですが、これまで上記のようなセールストークを聞かされ続けてきた人々はそんな簡単に信じようとはしないですよね。

でも、このことを裏付けるウィルスソフト販売会社の記事を見つけましたのでこちらもご覧ください。

Windows Defenderの性能は?第三者評価も交えて解説

Windows Defenderの名前がよく表示されるけれど、これソフトってどんなことをしているの?セキュリティソフトということは分かるけれど、その実力や性能はどうなの?PCが重いから無効化しても大丈夫なの?という疑問をお持ちではありませんか? Windowsユーザーの方々の多くは、日常的にWindows Defenderの名前を見聞きするので、存在を意識されている方も多いと思います。 …

あの有名なノートン先生の解説なんですが、要は次のようにおっしゃっておられます。

  1. Windows Defenderの役割は「必要最低限」
  2. Windows Defenderを有効にすると重くなる

まわりくどい表現をしていますが、要はノートン先生もDefenderのアンチウィルス性能はそれなりにあるといっているわけです。
もちろん、企業用だとか個人情報を扱うPCはセキュリティ重視で有料ソフトを入れたほうがよいと思いますが、ちょっとしたウェブブラウジングしかしないノートPCに高性能なソフトがどうしても必要かと言われると、Defenderでもそれなりにいけるよってことです。

また重さを気にするのであれば無料のアンチウィルスソフト(Avastなど)を入れる選択肢もあります。こちらはアップグレードしろっていう宣伝がうっというしいですが・・・。

マーロウ

つまり、Windowsにかならず有料アンチウィルスソフトを入れる必要はない!ということだな。それにしてもそこまでWindows Defenderが進化していたとは・・・マイクロソフトももう少し広報してほしいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です