【Hackintosh】自作PCでMacOSを動かす夢を見た話【ハード編】

Marlowe

ようこそガジェット探偵局へ。今回は、中古PCにMacOSを載せてウハウハするはずが、結局自作PCを作ることになりものすごく苦労する夢を見た顛末をお話したい。

中古PCをHackintoshに

とあるところからもらい受けた5年前のHP製PCにMacOSを載せて現在使用中のオンボロiMacの代わりにしようと姑息なこと考えつきました。そこで前から興味があったHachintoshにチャレンジしてみました。

HackintoshはXiaomiのノートPCで挑戦したことがあり、基本的なやり方はわかります。その様子は下記の記事をご参考ください。

【Hackintosh】Xiaomi mi notebook 12.5でMacOSを動かす夢を見た話

なので途中は省きますが、USBメモリでインストーラー作って、あっさりと動きました。このときグラボをnvidiaのGT1030という安物に替えて置きました。

1ヶ月ほど順調に動いていたのですが、ある時トラブルが発生して強制再起動したところ、電源が入るのですがBIOSまでたどり着かない状態になってしまいました。ファンだけ少し回ります。電池交換しても効果なく、マザボか電源の故障が疑われました。

マザボは古いタイプば安く売っておらず、新しいのを買うとメモリがDDR4で中古のDDR3が使えません。またCPUも買い直しです。そこでまず電源から買い直してみました。

こちらのKEIANの電源。Gold認証なので選んでみました。

ところが結果的にマッチングがよくないのか、電源が原因でないのか、症状は改善しません。マザボ故障のようです。(今思えばKEIANの電源が不良だったのかも)

自作PCをつくるはめに

ここで諦めるべきか迷いましたが、悔しくなって来たのでマザーボード、 CPU、DDR4メモリを買い直すことにしました。この時点でほぼ自作PC状態です。

CPUとマザーボードとメモリ

CPUはHackintoshする場合Intelが無難です。ちょうど第9世代が発売される前で流通量が少なく、またRyzenの方が安かったのですが、仕方がありません。用途的にまた予算的にi7までは必要ないのでi5の8400にしておきました。

前述のようにIntelのCPUが時期的に品薄な状態だったのでドスパラで買求めたのですが、このとき店員のすすめるままに適当にマザボとメモリを選んでしまいました。今思えばこれが間違いでした。

ただMSIのマザボはアクセントカラーに赤をあしらっていて、デザイン的に筆者好みではあります。

さてHachintoshには相性というものがあり、tonymacX86というHackintoshのユーザーサイトにBuyersguideのページがあってそのオススメにしたがって買うべきでした。最初は大手メーカーであれば同じだろうと踏んでいましたし、UEFIになってからはどれもそんなに変わらないという記事を鵜呑みにしてしまいました。

定番はGIGABYTEのマザボだったのです。トラブルになったときに情報量が違うことに後で気づきましたが、もう後の祭りです。下記のような商品をおすすめします。値段的にそこまで差はありません。

メモリはドスパラでお買い得だったG.skillのメモリにしました。Amazonで同じデザインのものがないので似たような商品を紹介しておきます。XMPにも対応でとくだん問題はありません。

マザボにCPU、メモリを取り付けた状態

電源とケースを交換するはめに

電源を交換

さて新しいマザボで最小限の構成で起動させてみましたが、なんだか調子が悪いのです。うまくスリープしなかったり、起動しなかったり。結局、電源とマザボの相性が悪いのか、それとも電源がおかしいのか?結局途中で頭にきて電源を買い直したところ、解決してしまいました。

新しい電源はこちら。音も静かで延長ケーブルがついているのもグッド。必要十分でしょう。最初からこれを買っておけば…。

ケースを新調

もう一つ問題が生じまして、HP中古PCケースにマザボがうまくマッチしないのです。もともと交換を想定していないのか、背面の出力パネルがはずれない仕様なのです。鉄板なので切り取ることもできず・・・。マザボをはずしてから気づくという情けなさ…。おまけにスイッチボタンもうまく機能しません。大した値段ではないので、とうとうケースも新調することになってしまいました。

今度はAmazonで安くて評判がいいやつを選びました。

筆者は別に透明アクリルで中身を見たい人間ではないのですが、最近はこういうのが流行りで安くなっています。配線も裏配線ができ便利です。ただカバーの留め具がラッチではなくネジ式だったり、PCIの差込み穴もネジ式でプア感はありますが、普段目につくわけではないので許します。

スイッチ問題も解決し、マザボもそれなりに取り付きました。ただマザボを固定するネジ穴がプアで取り外すときに一緒に回ってしまいます。まぁ仕方ない。

ふつーな感じのデザイン。机の下においているので見た目は気にしません。

Wi-FiとBluetoothを追加

Wi-Fiアダプター

HackintoshでWi-Fiは鬼門ですね。LANケーブル接続なら問題ありませんが、Wi-Fiの場合、Machintoshで採用それているチップを搭載していないとかなり苦労するという情報を事前にキャッチ。同型のDELLチップ搭載のfenviのアダプターを購入しました。商品の売りにHackintosh対応と書いてあるのが笑えます。

PCIeスロットに装着しました。ドライバー不要で問題なく使えます。

Bluetoothアダプター

続いてBluetoothです。既存キーボードがBluetooth接続のため必要なのです。USBタイプが安価です。下記のプリンストンのものがMac対応をうたっていましたので、こちらに決めました。他のアダプターでも動作するかもしれませんが。

こちらもドライバー不要で動作しています。

SSDも二種類新調

ストレージについては、中古PCのときからSATAのSSDを増設していました。Amazonで評判の良いCrucialの500GBです。タイムセールで安く変えました。Hackintoshしても全く問題ありません。

ただあるときこちらもアマゾンで値下がりしていたNVMeのSamsung SSDが目に止まり、以前から注目していたこともあってポチッとやってしまいました。

このSSDについては別記事にて詳しく性能を紹介していますのでご参考ください。爆速でかなりオススメです。

【Hackintosh】爆速のNVMe型SSDを自作PCに装着してみた【Samsung EVO 970】

Windows10は起動したが…グラボが…

以上の品揃えで、Windows10は問題なく起動しました。ただ筆者は職場でWin10なので家ではMacにしたい気分です。がんばってHackintoshします。

いつもどおりUSBインストーラーつくって、Cloverを起動して、MacOSのインストーラーを立ち上げようとすると、途中でブラックアウトします。どうもモニターへの出力がうまく行っていないようです。グラボは前述のNvidia GT1030なのですが、Webdriverを入れても効果なし。なんども設定を変更しましたが出力してくれません…。いまさらですがMacに搭載されているRadeonにしておけば良かった…。値段的には変わらないのです。

古いグラボのNvidia GT710は使えますが、それならiGPU(内蔵グラフィック)の方が性能が良いのです。結局くじけてしまいiGPUで運用中です。まぁゲームしませんしとりあえず様子見とします。

長くなりましたのでOSインストールは続編にて紹介します。結果的には問題なくHackintoshできましたが…その道中は茨道でした。

Marlowe

いやもう本当に疲れたぜ。まぁあとから振り返れば楽しかったように思うが、おかげでブログの更新がかなり停滞してしまったぞ。続編も乞うご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です