【HUAWEI honor9】ベストマッチはどれだ?保護フィルムとケースをレビュー

マーロウ所長

OCNモバイルONEの春の大決算セールで誘惑に負けて購入してしまった。今回はアクセサリーについてレビューしていくぞ

スマホ購入時にセットで購入する必要があるのが保護フィルムとケースですよね。honor9は専用のケース(ハードケース)は付属していますが、フィルムは付いていません。ケースもあっさりしたクリアケースなので、いろいろ試したくなりますよね。一ヶ月いろいろ試行錯誤した結果を報告します。

保護フィルム

ダイソー100円フィルム

今回は本体を見てからフィルムを選ぼうと思ったので、到着時はとりあえず手元にあった5インチ用の100円フィルムをはってみました。5.2インチのhonor9にはやや小さいのですが、ぎりぎり液晶画面が隠れます。宣伝文句には「あらゆる機能を搭載」「究極のフルスペック」とありますが、しょせん100円で、手の脂が残って画面OFFのときに汚さが目立ちます。応急処置としては問題ないですが長くは使いたくないですね。

ダイソースマートフォン5.0インチ用保護フィルム(108円)

ガラスフィルム(黒)

続いて購入したのがAmazonで注文したガラスフィルム。液晶以外の部分を黒く変えることができます。もともと本体カラーはブラックがよかったので、これでブラックぽくなるかなぁと淡い期待を込めて買ってみました。

Huawei Honor 9 ガラスフィルム Honor9 フィルム 全面 フルカバー 5.15インチ 専用 木箱 気泡ゼロ 飛散防止 硝子 ファーウェイ メイト Honor 9 液晶保護フィルム 国産強化ガラス素材 黒

ガラスフィルムの外箱。割れ防止のため木箱に入ってます。

アルコールペーパーとホコリ取り紙付属

貼り付けた状態。カメラと指紋認証ボタン部分の”スキマ”が気になります。

結果はイマイチ。カメラとスピーカー部分の穴は少し大きく作ってあるので、どうしてもスキマができます。また指紋認証ボタンはどうしようなく隠れず、かえってそこだけ色が違うのが「隠してしまった」感を強調してしまい気に入りません。

結果、honor9はクリアの状態で使うのがもっとも本体の美しさを引き出すのではと考えてみました。

100円ガラスフィルム

クリアで行く方針を決めたものの、ケチ根性から、今度は100円の”ガラス”フィルムを試したくなってしまいました。

5.2インチ用ガラスフィルム(108円)

左右のラウンド部分で浮いてしまいました。

しかし安いもの買いの銭失いとはこのことで、2.5Dでラウンド加工されている端部が当然のごとく浮いてしまいました(´;ω;`)。普段使っている分には気にならないですが、かっこう悪いので気に入りません。

ガラスフィルム自体はダイソーのものよりも滑りがよくて汚れもつきにくかったです。ただし厚みが1mm程度ありますので、指紋認証ボタンをさわるときに少しひっかかりが気になります(慣れれば気になりませんが…)。

TPUフィルム

いよいよ真打登場です。Novaのときも活躍したTPUフィルムです。薄いので曲面でもフィットしますし、指紋認証ボタン(兼ホームボタン)をさわるときに引っかかりが少ないです。購入したのはこちらの商品。マイナーな機種のためかちょっと高かったのです。

SUPTMAX Honor 9 フィルム, Huawei Honor 9 フィルム TPU素材 自己修復 オーナー 9 フィルム 3D曲面 柔らかい (Huawei Honor 9, 2枚入り)

いかにも輸入品という包装

ところが中の説明書には日本語の説明があります。動画で貼り方も見れるようです。

ホコリ取り、アルコールペーパー、フィルムが二点ずつ

まずフロント部分を貼り付けて位置を決めます。

紙製のヘラで気泡を追い出しながらフィルムをめくっていきます。

貼り終わり。位置を失敗すると貼り直しはほぼ不可能です。写真には結構気泡がありますが、しばらくすると消えますが、大きな気泡は痕が残るので、なるべく気泡をヘラで押し出しておきます。

前の機種でもTPUフィルムでしたので、個人的には違和感はありません。ただガラスフィルムから乗り換えるとやや滑りが悪く感じるかもしれません。ちょっとしっとりした感じというのでしょうか。引っかかる感じがあります。慣れると問題ないのですが。これは好みや使用目的で選べばよいと思います。

重さも気になる

今回、フィルムの重さも測ってみました。意外に重さの違いがあることがよくわかりました。

結果は下の写真の通り、Lakkoのガラスフィルム(黒)9g、100円ガラスフィルム8g、TPUは4gで、TPUが軽さも優れていることがわかります。

Lakkoのガラスフィルム(黒)9g

100円ガラスフィルム8g

TPU。保護フィルムを剥がすと3gぐらいになるかもしれません。

 

ケース

ケースも4つほど試してみました。これらはそれぞれ良いところとダメなところがありますので書いていきます。

PCハードケース

付属していたポリカーボネート製のハードケースです。このケースの良いところは最小限のカバーで軽いことです。一方デメリットとしてケースに擦り傷が残ることが挙げられます。もともとクリアのハードケースは安っぽく見られるところに、キズたっぷりだと、安っぽさが倍増です。でも軽さを求めるならこれ一択です。

スイッチボタン部分。覆われていません。

最軽量の14g。

TPUソフトケース

こちらはAmazonで取り寄せてみました。良いところは、滑りにくく、キズがつきにくい(目立ちにくい)ことです。ハードケースだと少しすべりやすいですね。

不満点としてはスイッチを押すときにちょっと硬さを感じることがあります。あとで紹介するラギッドやMofiの製品はそんなことはないので、欠込みの処理が甘いのか、材質の問題かもしれません。またけっこうな厚みがあり(1.5mm)、重量もそれなりにあります。

Honor 9 ケース AICEK Honor 9 クリア ソフト シリコン TPU ケース 耐衝撃 落下防止 保護カバーHuawei Honor 9 対応5.15型ワイド専用

梱包状態。紙袋入り。一番右は型紙ですが、何のために?間違え防止用?

バックサイド。写真ではわかりづらいですが、わずかにドット柄が描かれています。

ボトム側の切り欠き。

装着時。背面のカメラ部分。

側面スイッチ部分。全面覆われています。

軽そうに見えますが25gもありました。

ラギッド・アーマー

おなじみタフネスカバーのラギッド・アーマーです。ちょっとお高いですが、米軍軍事規格(Military Grade)取得を売りにしているだけあって、それなりのクオリティがあります。本体に隙間なくフィットし、耐衝撃力も抜群です。カバーが画面よりも少しだけ高くなっているので正面から落としても大丈夫です。Novaで使ってみてその防御力は確認済み。

ただ今回はデメリットもあります。グレーとは色がうまくマッチングしてません(ブルーだとそんなに気にならないかもしれないですね)。また重量が33gとそれなりにあります。本体、フィルムとあわせると200g近くになります。

【Spigen】 Huawei Honor9 ケース, [ TPU ケース ] [ 米軍MIL規格取得 ] [ 落下 衝撃 吸収 ] ラギッド・アーマー ファーウェイ オーナー 9 用 耐衝撃カバー (Honor9, ブラック)

外箱。黒とオレンジのデザインでかっこ良いですね。

内側。公式サイトによると”端末への衝撃を効率よく逃がすためにクモの巣状の加工が施されています”とのこと。

背面。トップとボトムにそれぞれ帯があり、かっこよくデザインされています。

フロントサイドは画面よりもフチが少し高くなっており、画面の防御性が高められています。写真はLakkoのガラスフィルム(黒)を貼った状態なので、隙間部分を除けば色がマッチしています。

ボトムの端子接続部分。四隅もピッタリとフィットしています。穴のサイズも適切です。フチが画面より高くなっているので画面保護もバッチリですが、その分、アプリアイコン移動などでドラッグしてとなり画面に移すときにフチがひっかかり不便な時があります。

側面のスイッチ部分。押しやすいようスイッチ周りに切り欠きがしてあります。細かな気配りですね。

一番重い33gです。写真ピントがあっておらず失礼。

Mofiファブリックタイプ

Amazonではあまりバリエーションがないので、Ali Expressで中国から取り寄せました。Mofiは中国のアクセサリーメーカーで様々な商品を作っています。こちらは背面がファブリック素材、側面がTPU素材のコンビネーションタイプです。

こういう商品は通販の写真がキレイでも実物ががっかりということが多いのですが、この商品は細部までしっかりと作り込まれています。ただ写真で紹介しているとおりUSB-Cの穴がやや小さめなのが玉に瑕です。

honor9の背面がギラギラしすぎて嫌だという人は、こちらのケースをつけるとかなりソフトな印象にかわるのでおすすめです。値段もクオリティの割にはお手頃だと思います。

Huawei honor 9 case cover honor9 back cover silicone edge shockproof men business fabric case coque MOFi original honor 9 case-in Fitted Cases

中国製とは思えないデザインされた紙箱に入ってきました。

背面の全体像。

ファブリックの素材感とアクセントのロゴマーク。ロゴはなくても良かったですね。

スイッチ部分。ちょっとピントあってないですね。切り欠きはないですが、押しにくいということはないです。

ボトム部分。USB-Cの差込口の穴がやや狭く、愛用のAnker PowerLine+ USB-Cが差し込めません。本体に付属しているUSB-Cケーブルがギリギリ入る大きさです。

重量は25g。TPUソフトケースと同じで意外に軽いです。

まとめ

4つのケースを見てきました。いずれも一長一短ですね。honor9は本体が結構重い部類なので、重量を増やしたくなければPCハードケースですが、キズがみっともないです。背面を隠してもOKであればラギッド・アーマーが機能的におすすめです。ただちょっと無骨な感じになるので、ソフトに見せたいならMofiでもOKというが私の印象です。

なお個人的にフリップタイプはかさばるのが嫌なので購入してません・・・ご勘弁を。 →買いましたm(_ _)m

本体の方のレビューは下記からどうぞ。

【HUAWEI honor9】実機レビューその1:開封の儀とファーストインプレッション

(追記)カバーとフィルムについては下記記事もご参考ください。

【Huawei】honor9のガラスフィルムを中国から購入してみた【Nillkin 9H】 【Huawei】honor9のフリップカバーを中国から購入してみた【Qialino】

Marlowe

honor9はややマイナーな機種なので店頭には置いていないし、Amazonにもさほど種類はない。いろいろと試してみたければAli Expressをのぞいてみることをおすすめするぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です