【HUAWEI honor9】実機レビューその1:開封の儀とファーストインプレッション

マーロウ所長

先日のOCNモバイルONEの春の大決算セールで誘惑に負けて購入してしまったhonor9の実機レビュー。第一回目はお約束の開封の儀を執り行うぞ。

honor9について

到着までに一週間もかかったhonor9。さてさていったいどんなお姿なのか早速開けてみましょう。honor9を激安で購入した件はこの記事を参考にしてください。

【HUAWEI】honor9を安く買う方法(OCNモバイルONEらくらくセット)

また以下参考にスペックをOCNのサイトから引用しておきます。Android7.0とありますが、アップデータが配信されていますので8.0になります。アップデートについてはこちらの記事をご覧ください。

製品名 honor 9
サイズ / 重さ 約147.3×70.9×7.45mm / 約155g
カラー サファイアブルー、グレイシアグレー
対応OS Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
CPU HUAWEI Kirin 960 オクタコア (4 x 2.4GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
メモリ RAM:4GB / ROM:64GB / Micro-SDスロット(最大256GB)
バッテリー 3200mAh, 急速充電対応9V / 2A ※付属のACアダプターによる充電
ディスプレイ 約 5.15インチ, FHD (1080×1920ドット), IPS
カメラ メインカメラ:1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部F2.2 / 2色フラッシュ
4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)/ 4K動画撮影
インカメラ:800万画素 (開口部F2.0, FF)
通信速度 下り(受信時)最大150Mbps(LTE)※1
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)※1
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4GHz/5.0GHz)
テザリング機能 最大接続台数:8台
センサー 加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、指紋センサー、HALL
その他 Bluetooth® V4.2 with BLE, USB Type C(2.0),NFC, Nano SIM x 2
通信方式 FDD-LTE:B1/3/5/7/8/19/20
TDD-LTE:B38/40
W-CDMA:B1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM(音声通話のみ):WCDMA,GSMの上記の周波数
本体付属品 ACアダプタ/USBケーブル(A to C) / クイックスタートガイド / クリアケース

開封の儀

ダンボールを開けるとおしゃれな白箱が登場しました。毎度のことですがHuaweiの箱は上等にできてます。

上面に数字の9と小さくhonor9とロゴがあしらってあるだけの上品なデザインです。文字は銀色でエンボスがかかっています。

箱の裏面をみるとPowered by HUAWEIの文字。honorは中国ではHuaweiのサブブランドなのでこういう表記になるんですね。

本体は縦に収められています。中箱にはINNOVATION BY HONORの文字。

ちなみに価格com経由で申し込むとQuoカード3000円分がおまけでついてきます。あと「らくらくセット」なのでSIMカードももちろんついてきます。

評判通りのスタイリッシュなデザイン

続いて、本体と取り出してみます。色は本当はブラックが好みなのですが、なぜか楽天モバイルだけの取扱いなので仕方なくグレーにしました。これはこれで悪くありません。

本体の表裏には保護シートが貼ってあります。表にはSIMカードの指し方が図示されていますが、じゃまなのでぺろんと剥がします。

流行りの指紋認証ボタンが表側にあるタイプです。机に置いたままの状態で指紋認証することができ便利です。背面の丸型に比べて、ボタン面積が狭くなっていますが、ちょっと触れるだけで爆速認識しますのでまったく問題ありません。また指紋認証ボタンがホームボタンを兼用しています。

フィルムを剥がした状態。指紋認証ボタンが表側下部にあります。カラーは背面と同じ色。

ボトム側。中央にUSB TypeCの端子。左にイヤホンジャック、右にスピーカーの配置。

トップ側。赤外線発光部とマイクがあります。

右サイド。上(画面では右)に音量ボタン。その下に電源スイッチ。薄さは約7.45mmで標準的。

honor9の一番の見せどころは背面の3D曲線ガラスです。15層のコーティングで鏡のようにきらめいています。レンズも飛び出しておらずフラットデザインになっています。中央にはhonorのロゴ。サブブランド扱いなのでHUAWEIのロゴはどこにもありません

個人的には好みのデザインですが、指紋がついて汚れやすいのと、ちょっとキラキラしすぎていやらしいというイメージを持つ人がいるかも知れません。好みが別れるところですね。またクリアでないケースを付けてしまうとせっかくの良さが半減してしまうのも悩みどころです。

15層コーティングの背面化粧は光り輝いていてキレイです。

デュアルレンズカメラは飛び出していません。3D曲線が美しく納まっています。

付属品

クリアケース / ACアダプタ / USBケーブル (タイプA to C) / クイックスタートガイドがついています。クリアケースは一般的なハードタイプでなんのかっこよさもありません。また保護フィルムが含まれていないので別途買い揃えなくてはなりません。またイヤホンも付属していません。

 

最後にオマケ映像。honor9のスタイリッシュなデザインを紹介したビデオです。

マーロウ所長

さすがHUAWEI。なかなかの造形クオリティだ。第2回では基本性能についてレビューしていくぞ。

第2回 ハード性能編はこちら↓↓↓

【HUAWEI honor9】ミドルハイクラスの実力!実機レビューその2:ハード性能編

アクセサリーについてはこちら↓↓↓

【HUAWEI honor9】ベストマッチはどれだ?保護フィルムとケースをレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です