【HUAWEI honor9】ようやくAndroid8.0アップデート配信!更新報告。

Marlowe

今年の3月に購入したHUAWEI honor9にようやくAndroid8.0のアップデートが配信されたので早速更新してみたぞ。

2ヶ月遅れの配信

ようやくですねぇ。当初の予定では3月頃とアナウンスされていましたが2ヶ月遅れでやっと配信されました。5ちゃんねるの報告では4月下旬から、部分的に配信されていたようですが、正式にアナウンスされたのは5/18のことでした。早速更新しましたので報告いたします。

【ファーウェイの報道発表】『honor 9』ソフトウェアアップデートのお知らせ

アップデートの方法

ほっておけば勝手に更新案内が来るのですが、待ちきれない場合は「設定」→「システム更新」からアップデータを確認することができます。

ところが、すべての端末に同時にアップデートの案内が来るのではなく、サーバへの負荷を軽減するため1ヶ月ほどかけて順次案内されるそうです。そこまで待ってられない…という私のような方のために、ちょっとズルをする方法があります。

非公式なのですが、Firmware Finder for Huaweiというアプリを使う方法があります。DNSかPROXYの設定を借りて更新データサーバーにアクセスするものです。私は我慢できずこれでやってしまいました。今回はデータが大きく2.767GBもありますのでWi-Fi環境でのダウンロードをおすすめします。

二番目のアップデータを使います。

いちおうFIRMWARE ACCESSで対応可能かチェックします。次にDNS経由でアップデートするにチェックを入れたあと、設定→システム更新を行うとアップデータが降ってきます。

チェック画面。ここでapprovedにならないとデータがダウンロードできても更新できません。

Android8.0 (Oreo)の変更点

見た目はそれほど変わってない

アップデートする前からある程度わかっていたことなのですが、正直なところ7.0(Nougat)から大きく変わっているわけではないです。わかりやすいのところはアプリアイコンが四角から丸に変わったことでしょうか。あとは設定画面がカテゴリー別になったとか、テキストが言葉単位で自動選択してくれるようになったとか、小窓で動画再生ができるだとか、細かいところです。詳しくは下記リンクご覧ください。

参考 Android 8.0の新機能で知っておきたい便利機能12選Zバッファ
https://youtu.be/7kD0ZYzJbYo

対応デバイスがないので確認していないのですが、ハードで対応していなかったBluetoothのaptX対応がOSベースで対応になったのはありがたいですね。

あとは私の機種ではまったく感じないのですが、5ちゃんねるを見るとスクリーンタッチやフリック入力がおかしい機種があるようで、それらは改善されていないようです。

APPのアイコンが丸くなりました。

設定がカテゴリー別になりました。私は前のほうが良かった…

処理能力が若干向上したらしい

という情報を聞きつけ、Antutuを計測し直してみました。結果は下記の通り。Android7.0のときの最高点が161,527だったので、ウワサどおり若干向上しています。

小窓でマップや動画が見れる

ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)という機能です。いまのところGoogle MapとYoutubeが対応しているようです(追記:LINEやVLCなども対応しているようです。LINEはテレビ電話中などの特定の状態のみ小窓になるみたいです)。Mapは経路案内中のみ対応。Youtubeはアプリベースでは対応しておらず、ChromeでPC画面からフルサイズにすると見れるというわけのわからない状態です。これからいろいろと使いみちがでてくる機能ですね。

YoutubeのPIP。この画面を出すのにとても苦労しました^^;

Google MapのPIP。画面見ながら歩くのは危なそー。ドライブ中に役に立つのでしょうか?

(追記)PIP対応アプリを確認するには?

以下の手順で確認することができます。

設定から検索で「PIP」と入力(アプリの設定からもいけますが深い階層にあります)。「PIP」の項目を選択すると表示されます。

電池消費量が見やすくなった

設定>電池>電池消費量(右上の方)から消費量が確認できるのですが、だいぶ見やすくなりました。

EMUI 8.0の変更点

OSのアップデートと同時にユーザーインターフェースEMUIも8.0にアップデートされました。目玉は顔認証機能が追加されたことです。その他はAIで写真撮影がいろいろ便利になったと書いてありますが、どうもMate10シリーズのみの対応みたいです。その他の機能もMate10だけというのが多いのが残念。詳しくは下記リンクをご参照ください。

What’s new – EMUI

こまかな変更をスクリーンショットでご紹介します。

ナビゲーションメニューと呼ぶフローティングボタンを呼び出すことができます。…ただ私は画面にフローティングボタンがあると気持ち悪いので使わないと思います。

クイック設定画面。ナビゲーションメニューが追加。スクリーン録画も?前からあったかなぁ?(→ありましたm(_ _)m)

検索画面の入力窓の左端にQRコードボタンが追加されてます。

一番左にスワイプすると検索とニュースフィード画面になります。

顔認証機能が追加!

インカメラを用いて顔認証する機能が追加されました。すでにNova lite2で実装されているので驚きはないのですが、やはり便利!指紋認証も爆速でしたが、顔認証も爆速です。本当に認識しているのか最初は怪しく感じるほどです。顔データの登録もあっという間に終わるのでスクリーンショットを取る暇すらありません。ただiPhoneXのように三次元で認識しているのでなく二次元なので、変顔だったり、角度が違うと認識しないことがあります(他ブログの報告によれば写真でも認識してしまうらしいです…)。

端末を持ち上げたときにスリープ解除してすぐさま顔認証するようにしておくと便利です。ただ意図してないときにも認証されて前回見ていた画面がいきなり出てきたりもしますが…。

データの登録はあっという間です。

カメラに新機能が追加

カメラのモードにいくつか新機能が追加されています。アップデート前のメニューを覚えていないのですが、ウォーターマークやARレンズ、文書スキャンなどが追加されているように思います(訂正:ARレンズだけでした)。また設定の方も変わっているかもしれませんが、記憶があいまいで‥わかりません。失礼。

ARレンズは人物撮影にAR機能でうさぎの耳をつけたりすることができる機能です。オッサンにはまったく必要ない機能ですが、若い人がふざけて使うには良いかもしれません。

スマートスクリーンショット機能が追加(ではなかった)

※すみません。EMUI5ですでに搭載されておりました。気づいておりませんでした(7/7訂正)。

指関節で画面を2回叩くとスクリーンショットが取れるという機能が追加されましたあることに今回はじめて気が付きました。これはゲームをやっているときに便利ですね(訂正:誤認識するのでかえって不便でした)。また同じく指関節で保存したいところを囲むと、選択部分のスクリーンショットを取ることができます。ただ認識があいまい(うまく認識しない時がある)、囲んだ範囲も微妙な感じなのであまり活躍する場がないような・・・。同じく指関節でSの字を描くとスクリーンショットを取れるそうなのですが、これもビミョー。

MEMO
スクリーンショットの拡張子がPNGからJPEGに変わっています。イラストのような画像だとPNGの方が軽いのですが、カラフルだとJPEGが軽いときもあります。素人向けにはJPEGが扱いやすいかもしれませんね。
注意
ゲームをする方はスマートスクリーン機能はOFFにすることをおすすめします。予期しない大事なところでスクリーンショットモード(青い線を引いてしまう)になってしまうことが何度かありました。

音声制御機能が追加

音声でhonor9の起動などをコントロールできる機能が追加されたようです。「ようです」というのは実際に使えてないからなのですが、英語のみ対応です。英語ぐらいしゃべれよーとツッコミが入りそうですが…最初の設定時に「Dear Honor」としゃべって音声を登録しないといけないのですが、私の発音が悪いらしく、ほとんど認識してくれません。ようやく一回認識したのですが、二回目は前と同じようにしゃべれとぬかすので、腹が立ってきてやめました。

うまくいった場合、「where are you?」というと答えてくれるみたいです。設定>スマートアシスト>音声制御 から設定できます。

なかなか認識してくれません。喋り方悪いのか?

(追記)マルチユーザー機能が追加(ではなかった)

EMUI5.1のときにはなかったように思うのですが、マルチユーザー対応になっていました(もしあったらごめんなさい)。それも二種類の方式があります。

※すみません。やはりEMUI5ですでに搭載されておりました。気づいておりませんでした(7/7訂正)。

一つはアカウント設定から単純にユーザーを追加する方法です。最初から設定されているアカウントは「所有者(Owner)」になり、追加したアカウント(下の画像ではGD)と切り替えて使うことができます。まったくサラの状態から始まりますので、ゲーム用のアカウントなどを追加分けることができるようになります。

もう一つはより秘匿性を高めたPrivateSpaceという機能によるものです。「設定」→「セキュリティとプライバシー」→「PrivateSpace」で設定できます。こちらはこのアカウントが存在していることを本人以外がわからないようになっています。そのため最初に指紋認証(所有者で使用していないもの)かパターンを登録する必要があります。

指紋認証で使い分ける場合

パターンで使い分ける場合

ユーザーの追加とPrivateSpaceの違いについては下記サイトに詳しく紹介されています。

参考 【HUAWEI Mate 10 Pro】【TIPS集】10.「PrivateSpace」の機能と使い方NIFの楽園2017

Marlowe

以上、Android8.0 Oreoにアップデートした様子をざっくりと報告してみた。いまのところ特に不具合のあるアプリは私の環境ではない(不具合の解消のためにここまでアップデートが遅れたのだろう)。とりわけ顔認証は便利なのでぜひアップデートして試してみてくれ。

honor9のレビューはこちらから↓↓↓。

【HUAWEI honor9】実機レビューその1:開封の儀とファーストインプレッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です