【実機レビュー】M.2SATA-SSDを2.5インチケースに取り付ける|余らせてしまった方におすすめ

マーロウ

ようこそガジェット探偵局へ。今回は間違って購入したSATAのM.2SSDのをなんとか活用すべくケースを購入したのでレビューしていくぞ。

間違えてM.2SATAのSSDを買ってしまう

こんなレビュー書いて誰かの役に立つのかしらと思いましたが、一人くらいはいると思い書いてみました。もし役に立ったら広告ポチッとクリックしてやってください。それでは参りましょうー。

実は半年ほど前にノートPCの増設用にM.2規格のSSDを購入したのですが、そのときはM.2規格のインターフェースにSATANVMeがあるとは知らず、安い方を買ったらSATAでせっかくのNVMeスロットにとりつけられずというアホなことをしてしまいました。

NVMe用のSSDを買い直したので、SATAは放置プレイになっていたのですが、あるときAmazonでM.2SATA→2.5インチに変換するケースが販売されていることに気づきました。下記の商品です。比較的安価でしたのでこれに取り付けることで普通の2.5インチタイプのSSDとなり、活用することができました。

created by Rinker
WESTERNDIGITAL
¥3,516 (2019/07/19 00:47:22時点 Amazon調べ-詳細)

商品のスペックをチェック

商品の特徴は次の通り。中国人が書いた文章に思えましたので、一部変な日本語を直しておきました。ポイントはSATA用でPCIEやNVMeには使えないということです。

  • PCIEまたはNVMeインタフェースに対応していません。
  • SATAインタフェースのB Key または B + M Key規格のNGFF SSDのみ対応。M.2アダプターは22×30mm、22×42mm、22×60mm、22×80mm SATA NGFF SSDに適応できます。
  • SATA 3.0を採用して、理論的には、転送速度が6Gbpsまで実現できます。高品質PCB板を採用し、データの安定転送を実現します。
  • ネジでSSDを固定できます。放熱性に優れた金属製シェル付き。コンパクトな設計で、簡単に取り付けができます。

取り付けをフォトレビュー

簡易包装で好感が持てます。ELUTENGという中国メーカー製。
金属製のケース。中央にメーカーのロゴ。
背面。M.2とSATA3.0に変換と書いてあります。
ドライバーでネジを回し、ケースを開きます。
分解完了。取付用のネジが付属しています。
SATAのSSDをM.2端子にはめ込みます。
端を付属のネジで留めて完了。簡単なものです。あとはフタを閉めてオシマイ。

このあと、自作PCに収まりWindowsを問題なく走らせています。こんな安価にケースを供給してくれてありがとう!ELUTENG社よ。

Crystal Disk Markの成績はこんな感じ。普通のSATA-SSDの性能はでていますね。

マーロウ

最後まで読んでくれてありがとう。お役に立てたかな?こんなに簡単にできるのならばもっと早くやれば良かったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。