ブログデザイン更新中。表示が変な箇所があるかもしれませんm(_ _)m

【TIPS】Macの文字変換でF7でカタカナ変換できない問題を解決する方法【MacOS/マック】

PC

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

今回はMachintoshの小ネタを紹介します。

仕事でWindows、自宅でMacという方も多いと思いますが、WindowsだとF7でカタカナ変換できるのに、MacだとCtrl+kなので使いにくいですよね。

それをF7一発で変換できるようにする方法を紹介します(…と言ってもとても簡単です。)

コントロールパネルから変更するだけ

標準設定だと、ことえりやGoogle IMEの変換設定は次の通り。

  • ひらがな ctrl + j
  • カタカナ ctrl + k
  • 全角英数 ctrl + l
  • 半角英数 ctrl + ;

コントロールボタンを押しながらKなんて面倒臭い

実はことえりでもGoogle IMEでも標準でF7でのカタカナ変換に対応しています。ところがファンクションキーにボリューム操作などのキーが割り当てられていると効かないのですね。これは使っているキーボードにもよります。

そんなときは「Fnキー+F7」でも可能なのですが、「Ctrl+k」と同じくらい面倒です。

そこでシステム環境設定からキーボードを開きます。

すると一番下にF1、F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用があるので、それにチェックをいれるだけ!

あまりにもの簡単さにあっけにとられたあなた。「こんな簡単なことなぜ今までやらなかったのか…」私も同じ気分を過去に味わいました・・・。

さらなる落とし穴。Wordおまえもか!

さてさて、F7が使えるようになったし、バリバリテキストを入力するぞとWord for Macを開くと・・・効かないじゃありませんか。というか「文章校正」になってしまいます。

これはWord for Macが余計なショートカットキーを割り当てているのが原因です。さっそく取り除きましょう。

Wordのメニューバーにあるツールからショートカットキーのユーザー設定を選択します。

あとは下図のようにに、分類すべてのコマンドに選択して、ToolsProofingと入力するとショートカットキーの指定の欄にF7が現れます。これをザクっと削除してOKを押してください。

これで任務完了です!

他のファンクションキーにも余計な機能が割り振られていますので、気になる方は同様に削除してみてください。

(参考)

  • F6 OterPane
  • F7 ToolsProofing
  • F8 ExtendSelection
  • F9 UpdateFields

以上、Macの文字変換でF7でカタカナ変換できない問題を解決する方法を紹介しました。小ネタですが、参考になれば嬉しいです。

※既存のミュージックコントロールを残しながら、F7を機能させたい場合は、Karabinerを使うのが便利です。F7以外にコントロール機能を振ることもできます。

\ あわせて読みたい /

[kanren id=”14090,3130,3134″]