MENU

マーロウ

ガジェット探偵事務所所長。複雑に入り組んだガジェット世界の謎を日々探求する自称ハードボイルド探偵。長年のMacユーザー。にわかXiaomi信者。本業リーマン兼業ブロガー。

【News】Xiaomiがカメラ機能を強化したCC9シリーズを発表!これはヒットの予感【まとめ】

Xiaomi CC9

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

7/2に発表されました。追って内容を更新していきます。

中国の電子機器メーカーXiaomi社は7月2日、北京にて、主力スマホMiシリーズにCC9シリーズ(CC9/CC9e)を追加すると発表しました。

同社は昨年、女性向け携帯電話メーカーのMeituを買収しました。かねてより同業他社に比べて女性向け市場に弱く、その改善が望まれていたためでした。

※Meituは日本では女性向けの写真加工アプリとして知られていますが、中国ではスマホメーカーです。

買収当時の予想ではMeituブランドを継続して展開すると思われていましたが、なんとメインブランドのMiシリーズに取り込んで展開するようです。これは既存のMeitu事業の落ち込みも影響しているのかもしれません。

Xiaomi社って何?って方は下記記事をご覧ください!

【中国のApple?】小米科技(Xiaomi)ってどんな会社?詳しく解説します【まとめ】

以下、発表された情報を紹介していきます。

CC9シリーズとは?

コンセプトビデオ

発表会の様子

発表前は、いろいろな説がありましたが、CCとは「Camera + Camera」の意と発表会で明言していました。リアカメラに加えてフロントカメラも超高性能にしたため、カメラ+カメラというのを打ち出したようです。

プローモーション素材ではその他にもChic & Coolだとか様々な解釈できるとしています。

システムブート時のアニメーション。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ブランドのコンセプトイメージ(横スライドします)

CCシリーズ展開のリーダーシップをとるCici Weiさん。

化粧箱と本体イメージ

カラフルな化粧箱。いつもどおり小出しでImageをリークしてます。

Mi9そっくり。ロゴが変わりましたね。

レビュー動画

カメラ機能の強化

「新しく設立されたXiaomi x Meitu AI Beauty Labによって強化された業界最先端のアルゴリズム」をアピールするとされています。その一端でしょうか。Ciciさんと子どもが仲良くAI機能で遊ぶ様子の動画が公開されています。

若い母親層をターゲットにした戦略でしょうか?

ギャビンくん。

Ciciさんと仲良くCCのマークをつくるGavinくん。

自撮り性能の強化

インカメが3200万画素という恐ろしい画素数になっています。セルフィー好きには必要なのでしょう・・。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

CCプロジェクトスタッフのセルフィー画像集(横スライドします)

各種AI機能搭載

「魔法換天」機能

背景の空を置き換えるソフト機能が盛り込まれているようです。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

画像は横スライドします。

夜景もキレイ

夜景もきれいに撮れるようです。

Meitu版にフリップタイプはあるのか?→なし

一時期、こんなレンダリング画像が出回って、Zenfone6のパクリかなどとTwitterを賑わせましたが、これはまた別シリーズのようです。

こちらがCC9 Meituバージョン。グラデーションがパステルカラーでキレイですね。

スペックをチェック

画像からも明らかなようにMi 9をベースに製造されるようです。SoCはSD710シリーズに下げて、かわりにフロントセルフィーカメラ仕様を増強しています。

  • 6.39インチディスプレイ2340*1080
  • 画面内指紋認証採用
  • チップはミドルハイクラスのSnapdragon 712/730
  • 32MPフロントカメラ(サムスン製)+48MPリアカメラ(ソニー製)
  • 3,500/4,000mAhバッテリー容量

スペック表

ボディ寸法156.8 x 74.5 x 8.7 mm
 重量179 g
 SIMDual SIM (Nano-SIM, dual stand-by)
 認証画面内指紋認証
ディスプレイタイプ有機EL
 サイズ6.39 インチ
 解像度1080 x 2340 px (~403 ppi)
 保護Corning Gorilla Glass 5
プラットフォームOSAndroid 9.0 (Pie); MIUI 10
 ChipsetQualcomm Snapdragon 710
 microSDあり、256 GBまで
 ストレージ64/128 GB
 メモリ6 / 8 GB RAM
カメラリアカメラ(トリプル)48 MP, f/1.8, (wide), 1/2″, 0.8µm, PDAF
8 MP, (ultrawide)
2 MP, depth sensor
 ビデオ2160p@30fps, 1080p@30/60/120fps, 720p@960fps
 フロントカメラ32 MP, f/2.0, 0.8µm
 Video1080p@30fps
サウンドスピーカーあり
 3.5mm jackあり
通信Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
 Bluetooth5.0, A2DP, LE, aptX HD
 GPSあり, with A-GPS, GLONASS, GALILEO, BDS
 NFCあり
 赤外線ポートあり
 ラジオFM radio
 USBType-C
バッテリー容量4030 mAh
 急速充電18W

なかなか攻めてきた価格構成

発表会では他社の同クラスの機種と価格比較

価格はかなり攻めてきましたね。かなりお買い得だと思います。ただCCeの方はもう少しスペックを落として安くしても良かったとは思いますが、RN7とかぶるのでむずかしいところです。

  • 小米CC9 美图定制版:2599元(40,702円)
  • 小米CC9:1999元(31,293円)〜
  • 小米CC9e:1299元(20,344円)〜

まとめ

CCシリーズが華々しくデビューを飾りました。なかなかの価格でこれはヒットの予感です。狙い通り、女性層を獲得できるのか気になりますね。

個人的にはホワイトがとてもきれいに思います。

https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/03/marlowe-normal.png
マーロウ

果たしてXiaomiとMeituの反撃はなるのか、楽しみにしているぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Instagram
Facebook
Twitter
Feedly
SHARE