【TIPS】Mi Band 4の国際版と中国版に違いはあるのか?|International version or China Version?

https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/03/marlowe-normal.png
マーロウ

人気のスマートウォッチMi Band 4には国際版と中国版がある。どう違うか解説するぞ。

中国版を購入すると問題があるのか???

GearbestのセールでMi Band 4のInternational Version(国際版)とChinese Version(中国版)が別々に売りに出されていました。Chinese Versionの方が若干安いのですが、いったい何が違うのでしょうか?

結論から先にいうとほぼ同じなので気にする必要ナシです。

以下に詳しく解説します。

NFC版はやめておけ!

まず中国版と言っても標準版NFC版があります。この2つの違いは結構あります。大きなところは名前の通りNFC対応なところですが、そのせいかバッテリー容量が若干少なくなっています。おまけに標準版に比べて結構高いです。

日本ではNFCはほぼ使えませんので、日本国内で使用するならNFCモデルは絶対にやめましょう。勿体ないだけです。

国際版と中国版の違いを詳しく解説します。

続いて国際版と中国標準版の違いですが、大きく次の2点です。

  • パッケージの文字表記が違う
  • 初期設定の言語が英語か中国語か

本当にしょーもない違いですね。具体的に写真で説明しましょう。そうです。私は2つとも持っています。

ほとんど同じなのがわかると思います。左が中国版。右が国際版。

側面見ると文字の違いが分かりやすいです!

背面は国際版がシール貼りなのでだいぶ違います。

以上ショーもナイ違いでした。

初期設定のときの表示画面が違うよ

初期設定画面もいちおう紹介しておきます。国際版は次の通り英語表記です。

このようにMi Fitでペアリングしろと表示されます。中国版も中国で同じ意味を表示しています。

中国語版の場合はスマホの言語設定を一度英語にして、ペアリングすると英語表示に切り替わります。あとは同じです。

スペックの違いも一応確認しておこう

しつこいようですが、スペックも書いておきます。基本的に同じです。参考にNFC版も紹介しておきます。

 

国際版

中国版

中国版(NFC

言語

英語(デフォルト)スマホの言語設定に応じる

中国語(スマホの言語設定に応じる)

中国語(スマホの言語設定に応じる)

NFC

X

X

バッテリー

135mAh

135mAh

125mAh

Xiaoai AI

X

X

Alipay

X

X

Bluetooth

Bluetooth 5.0

Bluetooth 5.0

Bluetooth 5.0

ディスプレイ

0.95 AMOLED

0.95 AMOLED

0.95 AMOLED

センサー

6-axis

6-axis

6-axis

防水

5ATM

5ATM

5ATM

ちなみにXiaoai AIは中国語の言語AIです(Googleアシスタントみたいなもの)

https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/03/marlowe-normal.png
マーロウ

以上、細かい違いだがおわかりいただけただろうか。個人的には安い中国版でも問題ないと思うぞ。

Xiaomi Mi Band 4 スマートウォッチ bluetooth5.0 スマートカラースクリーン 活動量計 歩数計 心拍計 睡眠管理 消費カロリー計 水泳 50m防水 Alipay QRコード APP
Xiaomi

\ あわせて読みたい /

Mi Band 4【実機レビュー】Xiaomi Mi Band 4|3,000円台で買えるお手軽スマートウォッチが超絶進化【活動量計】まとめ【実機レビュー】スマートウォッチMi Band 3 / Mi Band 4のバンドを交換してみた|安価で簡単にできるよ!【実機レビュー】Xiaomi Mi Band 3|3,000円で購入できる中華スマートウォッチは健康管理に超絶便利

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。