Xiaomi新型MIX Alphaを発表!サラウンドスクリーン搭載!30万円の強烈変態スマホでした!【速報】

https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/03/marlowe-normal.png
マーロウ

XiaomiのフラッグシップモデルMIXシリーズの4代目が9/24に発表されたぞ。ある意味イノベーティブだが、価格も強烈だった・・。

本来ならMIX 4となる予定でしたが、なにやら商標の問題で使えなくなったそうです。それでアルファとなったようです。

発表会の様子をお届けします。

こちらのPVが流れました。

創業者のレイ・ジュン氏が自信たっぷりにプレゼンします。

Youtubeに発表会の公式映像がアップされています。

衝撃のサラウンドスクリーン!!

側面ディスプレイからの。

ウォータフォール型からの。

両面ダブルスクリーンでした!!!

一部で予想されていましたが、本当にやってくるとは!!180%とかいっています。

サラウンドスクリーンと呼んでいます。

背面のライン上にカメラや各種センサーと搭載。このフレームはチタン(後述)

新世代をイメージさせる宇宙のイメージ。

自信たっぷりに背面を見せるレイ・ジュン。嬉しそうですね。

組み立てとガラス保護に特殊な技術が使われているそうです。

どうやらスクリーンから音声がでるようです。

エッジもギリギリまで攻めてます。

お察しの通り、フロントカメラはついてません。背面ディスプレイに被写体が表示されるので、リアカメラで完結するためです。

充電時の映像。かっこいいですね。ワイヤレス充電も対応です。

ゲーム時にはこんな感じ。臨場感あふれます。

背面はいろいろ活用できるようです。

カメラ!ついに1億画素へ到達

続いてカメラ性能。噂通りサムスンの1億画素センサーをつけてきました。

108MPメイン+20MP超広角+12MP望遠

12032×9024ピクセル!

センサーが大型だと言っています。

等倍、二倍、四倍、八倍とズームしてもまだ鮮明です。

高級感あふれるチタンフレームを採用

続いてチタンフレームの説明

セラミック製バックストリップ

サファイアガラスカバー

チタン合金フレーム

その他の特徴も凄いぞ。

その他の特徴。UFS3.0対応なのでヌルヌル動くと思われます。40W無線充電も可能!

これだけのものをつくるのに2年間の開発機関と1000人の技術者、5億元超えの開発費を投入!

セールスポイントはサラウンドスクリーン、1億画素、チタンフレーム!

技術者へのインタビューが紹介されました。

発売時期と価格:価格も強烈すぎる!

12月から発売の予定。

そして最後に価格が・・・なんと約20000元≒約300,000円!!こちらも強烈!

早速ゲスキン氏がハンズオン画像を載せています。

開封動画
https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/03/marlowe-normal.png
マーロウ

いあぁ。なんともイノベーティブだが、価格が・・。とうとうMIXはわれわれの手の届かないところへ行ってしまった。Xiaomiの技術力はよくわかったが、MIX ALPHA Sみたいなのをぜひ出してほしいところだ。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。