【HUAWEI Nova(無印)】実機レビュー:コスパ良好ミドルクラス中華スマホ(Nova2の参考に!)


マーロウ所長

今日はHUAWEIのNovaという中華スマホの調査報告だ。ちなみに最近Nova2とNova lite2が発表されたが、こいつはその一つ前のモデルってことだな。

HUAWEI Novaのデザイン

外観はエッジに丸みを帯びた流行りのiPhoneスタイルです。ただし背面のカメラ部分がツートンで色分けされているのがデザインの特徴ですね。

注目は加工の精度。最先端のダイヤモンドのカッティング技法で、キレイな曲線を実現しています。背面のシェルには航空業界基準の強度を持つマグネシウムとアルミの合金が採用されていて、サンドブラスト仕上げでテカリがありません。そのため指紋が残りません(カバーしてしまえばわかりませんが・・・)

わずかに丸みを帯びた2.5Dのガラスも持っていて気持ちいいです。弟分のNova liteの背面ガラス仕上げに比べて、こちらの方がやや高級感がある感じです。

HUAWEI Nova フロントサイド

フロントサイド(フィルム貼り付け済)。5インチで大きすぎないサイズ。

HUAWEI Novaボトム側

ボトム側。中央にUSB TYPE-C。左側はスピーカー。

トップサイド。イヤフォンジャックあり

トップサイド。イヤフォンジャックあり。エッジの曲面はきれいに加工されています。

バックサイド。中央は指紋認証。上部の黒帯部分カメラレンズとフラッシュ

右サイド。電源と音量ボタンがある。電源ボタンは判別しやすいようボタンの側面が赤くしてあります。

iPhone6(左)とNova(右)の大きさ。Novaが若干大きい。

HUAWEI Novaのスペック

OSは購入時はAndroid 6.0ですが、私の購入時には7.0が配信済みでWi-Fi環境ならすぐに7.0にアップグレードしてくれます。インターフェースはHUAWEI独自のEMUIでiPhoneライク。これも4.1から5.0にアップグレードされます。

SoCにはSnapdragon 625(SD625)。ミドルクラスの定番ですが、HUAWEIは独自SocのKirinを使うことが多いので異色の存在です。ちなみKirinはSnapdragonに比べてゲーム処理がやや弱いとされます。

RAMは3GBあるのでメモリ不足になることはほとんどありません。ROMは32GBでやや少なめですが、MicroSDカードで128GBまで増やせるのでノープロブレム。

その他で気になるのはWi-Fiがac対応していないこと。中華スマホにありがちですが、よほどの高速通信環境にないとその恩恵は受けられないので大した問題ではありません。

ハードはイヤフォンジャックありで、コネクターがUSB Type-C。Type-Cだと表裏関係ないのでやはり便利。指紋認証は当然ながら高速認証で快適。

OS

Android 6.0→7.0 (EMUI4.1→5)

SoC

Snapdragon 625 (Antutu: 63000前後)

RAM

3GB

ROM

32GB(外部メモリ最大128 GB)

バッテリー

3020 mAh(5V / 2A急速充電対応)
画面

5 インチIPS液晶(1920×1080)

通信

FDD: B1/3/5/7/8/18/19/28
TDD:B38/40
au VoLTE対応
下り/上り最大:225Mbps/50Mbps
キャリアアグリゲーション対応

Wi-Fi

802.11 b/g/n

カメラ バック1200 万画素(F2.2),フロント800 万画素, 光学手ブレ補正なし

SIMカード

SIMフリー(nano-SIM), DSDS対応(microSDカードと排他利用)
コネクタ

USB Type-C

パフォーマンスとバッテリー

Qualcomm社のSnapdragonシリーズのSoCは400番台、600番台、800番台があり、順番にロー、ミドル、ハイエンドとなる。つまりSD625はミドル級ですが、普段使いには必要十分な性能を持つ。Antutuで62000台。弟分のNova liteはKirin 655でAntutu57000前後だから、兄貴のほうが一回り上となります。

Antutuは安定の62000台。素だと65000いく場合も。

3D激重ゲーム代表のデレステもとくにもたつき感じません。

画面スクロールもヌルサクで、普通のゲームで困ることはほとんどありません。電力管理も優れているようでバッテリー量が3000mAhですが、普通のサラリーマンの使い方で1日は十分に持ちます。

カメラ

メインカメラは1200万画素のF2.2。普通に撮影すると3264x1840px(約1.6MB)になります。

スチルには光学手ブレ補正がついていないのが残念(動画にはついているようです)。

カメラ操作画面。iPhoneライクですね。

いろいろ撮影モード選べます。

小物。アンパンマン撮ってみました。

夜景。まあまあ撮れますがブレやすいです。

付属品

付属品は次のとおりです。ACアダプタ, USB ケーブル, 保護ケース, イヤホンマイク, クイックスタートガイド

箱はガッチリとしたつくりで高級感がある。iPhoneにまけておらず好感が持てる。

アダプターは急速充電可能でもちろん日本仕様。ケーブルはUSB Type-Cが付属。

付属のイヤホン。各カラー共通だからホワイトなのだろうが、ブラックにはマッチしていません(;_;)。

この他に透明保護ケースがついていますが、現在別のケースを使っていて行方不明!発見次第画像のせます。ただ保護ケースのクオリティは悪くないですが、せっかくの美しいボディの魅力が半減です。私が使用中のケースは別記事で紹介予定です!

まとめ

私はこれをAmazon (NTTコムストア by gooSimseller)で 24,840円で買いました(2017/11)。これまで使っていたiPhone6と比べると圧倒的なコストパフォーマンスです(まぁ6と比べるのはおかしいですけどね)。

ただスペックだけ見ると弟分のNova liteと大きな違いがないので、ライトユーザーがNova liteに流れるのは当然かも。でも実物をみると明らかに無印のほうが高級感ありますよ〜。機能的にはライトでも良いが、ちょっと高級感を望むユーザーにおすすめ。またliteより一回り小さいのでポケットに入れたい人や女性にもおすすめできます。
なお新発売のNova2とNova2 liteとの大きな差はカメラがデュアルレンズかどうか。それが気にならない人は型落ちを狙うのもありだと思います。ただNova2 liteが結構攻めた価格設定なので、20000円を切る市場価格になるとNova2 liteがおすすめかも(実機まだ見てません)。アクセサリー編とNova2との比較は追って比較表を作りますので乞うご期待。

PROS/良い点

  • SD625で良好なパフォーマンス。
  • 美しいボディデザインと高級感。
  • au系列でも使える

CONS/不満な点

  • Wi-Fiがac非対応
  • カメラに光学手ブレ補正なし
  • イヤフォンが安っぽい

参考サイト

価格.comの口コミにモーレツな情報量を投下するukki氏のブログ

ukkiのブログ
Nova liteとの詳細な表による比較

HUAWEI nova lite&novaまとめWiki
海外の詳細紹介サイト(英語)

gsmarena
よだれさんの実機レビュー

中国メーカーのスマホのHuawei Nova(無印)を購入しました。G-Color 液晶シート(TPU保護フィルム)をスマホに貼る手順と注意書き
PASOJUさんのレビュー。かなり詳しくまとまっています。

Huawei novaレビュー:抜群の機能性と持ち易いサイズ感が素晴らしい
Huawei novaの性能と電池持ちを検証。デレステは?ポケGOは?
P10 liteよりもnovaを買うべき理由。スペックじゃ分かりづらい点を比較
比較:Huawei格安3兄弟 nova/nova lite/P10 lite 違いと選び方のコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です