【HUAWEI Nova, Nova lite, Nova2, Nova lite2】スペックをひたすら比較します

マーロウ

2018年春モデルで登場したNova2とNova lite2と旧モデルのNovaとNova liteとひたすら比較した調査結果だ。なお本調査は2018年3月現在のもので、不明情報は分かり次第適宜更新するぞ。

Novaシリーズについて

Huaweiは実に多彩なラインナップを持っていて、フラッグシップのPシリーズ、大画面のMateシリーズが主力ラインであるのに対し、中国で若者向けスマホで躍進するOPPOやVIVOなどに対抗するために出してきたのがNovaシリーズです。

したがって性能はミドルレンジですが、女性を意識してカラーバリエーションも豊富で、カメラ機能がそれなりに充実しています。その他にも中国の大手Xiaomiに対抗したサブブランドHonorシリーズがあります。日本ではXiaomiがいないのでHonorの立ち位置はよくわからない感じになっていますねぇ。

2016年冬に出された初代Novaシリーズに対して、2018年春に登場したNova2シリーズはいったいどこが違っているのでしょうか。ひたすらスペックを比較していきます。ちなみに筆者はNova(無印)ユーザーです。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥16,500 (2019/03/23 13:23:07時点 Amazon調べ-詳細)

基本情報をチェック

発売時期

Nova lite2016年冬モデル
Nova2016年冬モデル
Nova lite22018年春モデル
Nova22018年春モデル

前モデルの発売から1年ちょっとはやや長めのブランクですね。実は海外ではNova2は2017年6月にすでに発売されています。日本での登場が遅れた理由はよくわかりませんが、いろいろとあるのでしょう。

海外ではその後、2017年10月にNova2i(日本ではMate 10 liteとして登場)、12月にAndroid 8.0と6GBRAM、18:9 ディスプレイを搭載したNova2sが発売されています。Nova lite2は海外ではP smartとして発売されたモデルがベースになっています。

MEMO
2018年3月に中国ではNova3eが発表されました!

キャリア

Nova liteSIMフリー
NovaSIMフリー
Nova lite2SIMフリー
Nova2au,UQ mobile

HuaweiといえばSIMフリーが代名詞でしたが、Nova2はau系列のみの取扱になってしまいました。したがって残念ながらAmazonなどでは新品のNova2は買えません。なおUQ版はシムロックはかかっておらず購入後はSIMフリーです。au版はシムロック解除が必要です。

ボディデザイン

Nova lite背面がガラスホワイト、ブラック、ゴールドの三色展開
Nova背面カメラ部分に帯ミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールドの三色展開
Nova lite2定番の2.5Dデザイン
背面メタル
ブルー、ブラック、ゴールドの三色展開
Nova2定番の2.5Dデザイン
背面メタル
au版:オーロラブルー、グラファイトブラック、ローズゴールド
UQ版:プレステージゴールド、グラファイトブラック、オーロラブルー

Novaは背面のデザインにまだ特色があったのですが、2とlite2は2.5Dカーブをもった最近流行りのユニバーサルなデザインです。でもビルドクオリティがしっかりとしているので安っぽい感じはしないです。

プラットフォームをチェック

OS

Nova liteAndroid 7.0 Nougat
NovaAndroid 6.0→7.0 Nougat
Nova lite2Android 8.0 Oreo
Nova2Android 7.0 Nougat

Nova2 liteのみAndroid 8.0 Oreoですね。残りの三機種も近いうちに対応すると思いますが、いち早くOreoを使いたい人はNova2 liteとなります。ただOreoはNougatから劇的に変わっているわけでもないので一般ユーザーはさほど気にすることないと思います。

SoC

Nova liteKirin 655オクタコアCortex A53 @2.1GHz×4 + Cortex A53@1.7GHz×4
NovaSnapdragon 625オクタコアCortex-A53x8 @2.00Ghz
Nova lite2Kirin 659オクタコアA53@2.36GHz×4 + A53@1.7GHz
Nova2Kirin 659オクタコアA53@2.36GHz×4 + A53@1.7GHz

SoCはスマホの脳みそにあたる重要な部分ですね。PCだとCPUといいますが、スマホではグラフィック性能なども含めて一つのチップにまとめられているのでSystem on Chip(SoC)と呼ばれています。

Nova(無印)のみQualcomm社のSnapdragonで、他はHuawei傘下のHiSilicon製造のKirinです。Snapdragonは言わずと知れた有力SoCで多くのスマホで採用されており、信頼度も高いSoCです。中でもSnapdragon 625ミドルクラスのSoCとしてとても人気があり、いまだに新しい機種に採用されることもあります。Kirinも特段問題のあるSoCではありませんが、一般にグラフィック性能がやや弱くゲームには若干の問題があるといわれます。

性能の違いは一般にAntutuと呼ばれるベンチマークソフトの結果で比べることができます。

ベンチマーク(Antutu ver6)

Nova lite57000前後
Nova63000前後
Nova lite263000前後
Nova263000前後

数値からわかるようにSnapdragon652とKirin659がほぼ同等の能力です。Nova liteのKirin655はやや劣りますが、実用でその違いはほとんどわからないでしょう。

最近AntutuはVer7が登場して数値の出方が変わってしまいました。新しくアプリをインストールした方はこれよりもやや多めに出ると思いますので注意

メモリ(RAM)

Nova lite3GB
Nova3GB
Nova lite23GB
Nova24GB

Nova2のみ4GBにアップグレードされました。3GBあれば通常使いに問題ないですが、将来を考えると多いに越したことはないですしね。最近の機種はほとんど4GBが標準となってきました。

ストレージ

機種内蔵ROM microSD最大容量
Nova lite16GB128 GB
Nova32GB128 GB
Nova lite232GB128 GB
Nova264GB256GB

内蔵ROMはPCでいうところのハードディスクみたいなもんです。ただ内蔵されているものは交換できないので、別途SIMカード格納スペースにmicroSDカードで増設できるようになっています。このあたりiPhoneはスロットがなく増設できないのでAndroidの特徴の一つですよね。

Nova2のみ最初から64GB搭載してます。内蔵ROMは大きいに越したことはないです。また外部拡張も256GBまでいけるので容量的にはバッチリですね。

ハード性能をチェック

寸法と重量

 機種寸法重量
Nova lite72.94×147.2×7.6 mm147 g
Nova69.1×141.2×7.1 mm146 g
Nova lite272x150x7.45mm143 g
Nova269x142x7.6 mm143 g

重量はどの機種も同じレベルですね。厚みもさほど差がありません。最も重量を占めるバッテリーがどの機種も似たり寄ったりですのでこんなものでしょう。150g以下だと片手で持ってもそれほど重さを感じないレベルですので女性にもおすすめです。

ディスプレイ

 機種サイズ比率と解像度
Nova lite5.2 インチ16:9 1920×1080
Nova5 インチ16:9 1920×1080
Nova lite25.65インチ18:9 2160×1080
Nova25 インチ16:9 1920×1080

すべてIPS液晶です。このクラスで有機ELはまだ早いですね。注目はNova2 liteの縦長画面。流行りの18:9になっています。

SIMカード

機種デュアルSIMDSDS
Nova liteNano SIM x 2 (microSDカードと排他)×
NovaNano SIM x 2 (microSDカードと排他)
Nova lite2Nano-SIM x 2(microSDカードと排他)×
Nova2Nano SIM x 1(microSDカードと排他)×

サイズはすべてnano-SIMです。どうもau独自仕様なのかNova2はデュアルSIMに対応していないようです。またDSDS (Dual SIM Dual Stanby, SIMカード二本差し)できるのはNova(無印)のみとうことですね。DSDS使う人は海外に行く人かFOMA+格安データSIM運用などちょっとコアな使い方をする人向けですので、Novaシリーズにはなくてもよいという判断なのでしょう。

認証機能とセンサー

いずれも背面に円形の認証装置がついています。爆速で認識してくれます。一度慣れてしまうともとに戻れません。私はNovaの前はiPhone6でしたが、毎度指紋認証にはイライラさせられました。また会社のセキュリティにも指紋認証があるのですが、かなり認識精度が悪いです。この点、中国メーカーの技術進化素晴らしいものがあります。

センサーは、ジャイロや加速度、GPSなどいずれも普通に搭載されています。ポケモンGOも普通にできます。ただしNova liteのみ擬似ジャイロセンサーなので感度は若干落ちるらしいです。

スピーカー

いずれもモノラルです。大きな音を出して音楽を聞くのには向いていません。イヤホンジャックついているので若者はそういう聞き方で十分だろということですね。

耐水・防水機能とNFC

いずれも対応していません。このあたりの余分な機能はざっくり削除されています。

充電性能をチェック

バッテリー容量と急送充電

機種容量急速充電
Nova lite3000 mAh○ 5V / 2A対応
Nova3020 mAh○ 5V/2A対応
Nova lite23000mAh○ 5V / 2A対応
Nova22950mAh○9V/2A 専用充電器にて

すべて3000mAh前後で大差ありません。ただlite2は画面が大きいのでその分電力消費が大きく、他機種よりも若干電池持ちが落ちると思われます。

コネクター形状

Nova litemicroUSB
NovaUSB Type-C
Nova lite2microUSB
Nova2USB Type-C

liteシリーズはいまだmicroUSBでいただけません。micorUSB端子はツメがそのうちだめになってしまいすぐ抜けるようになってしまう構造的な問題がありますし、オモテウラがあるので差し込むのも面倒です。こんなところでケチらなくても良いと思うのですが・・・。

ネットワーク性能をチェック

LTE

機種バンド最大通信速度(下り/上り)
Nova liteB1/3/5/7/8/19/28/40150Mbps/50Mbps
NovaB1/3/5/7/8/18/19/28/38/40225Mbps/50Mbps/キャリアアグリゲーション対応
Nova lite2B1/3/5/7/8/19/20150Mbps/50Mbps
Nova2B1/3/8/18/19/26/41225Mbps/25Mbps/キャリアアグリゲーション対応

LTEはもちろんすべて対応しています。バンドも必須バントに加え、ソフトバンクのプラチナバンド(B8)とドコモのプラチナバンド(B19)に対応しています。まあ国内製品として販売するからには当然の対応ですが、中国輸入品には対応していないものがほとんどなので注意が必要です。

注意
au版のNova2は購入時はSIMロックがかかっていますのでau系以外のバンドは使えません。SIMロック解除後に使える設定です。またliteは両方ともauのプラチナバンドB18に対応していないのが使えません。

最大通信速度はNova,Nova2の方が勝っていますが、こんなスピードで高速通信できる環境はあまりないので気にするポイントではありません。キャリアアグリゲーションは大手キャリアだと恩恵を受けられるのかもしれませんが、格安スマホだとそれ以前の回線の細さがボトルネックなので気にすることないと思います。でもNova2はau系列しか使えななのでひょっとしたら効果が実感できるかもしれません。

Bluetooth

Nova lite○Ver. 4.1 aptXは非対応
Nova○Ver. 4.1 aptXは非対応
Nova lite2○Ver. 4.2 aptX対応
Nova2○Ver. 4.2 aptX対応

Bluetoothにも問題なく対応しています。新型は音声データのコーデックaptX(下記)にも対応してきました。

aptX(あぷとえっくす)とは、Bluetoothのワイヤレス通信で用いられる音声コーデック。スマートフォンで標準的に使われることの多いSBCコーデックやAACコーデックよりも高音質、低遅延で音声データを伝送できるとされる。
KDDIのページより

Wi-Fi

Nova lite802.11 b/g/n
Nova802.11 b/g/n
Nova lite2802.11 b/g/n
Nova2802.11 b/g/n

いずれも5Ghのac規格に非対応!。これは正直がっくりですねぇ。いまどきacには対応してほしいものです。なぜこんなところでケチるのでしょうか?

カメラ性能をチェック

リアカメラ

機種画素数F値
Nova lite1200 万画素F2.2
Nova1200 万画素F2.2
Nova lite21300万画素 + 200万画素(デュアルレンズF2.0
Nova21200万画素(広角)+800万画素(望遠)(デュアルレンズF1.8+F2.4

今回の新機種の一番の目玉ですね。リアカメラがデュアルレンズになりました。F値も下がっています。ボケ味を活かした写真を取りたい方は新機種を選びましょう。なおいずれも光学手ブレ補正は対応していません。ミッドレンジにはまだ早そうです。

フロントカメラ

機種画素数F値
Nova lite800 万画素F2.0
Nova800 万画素F2.0
Nova lite2800万画素
Nova22000万画素

Nova2だけ画素数が突出しています。セルフィーを特徴とするのであればこれくらいは必要かもしれませんが・・・800万画素でも個人的には十分です。

MEMO
※Nova lite2 は最新のアップデートで顔認証機能が実装されました。

まとめ

新しく発売されたNova2シリーズ。基本性能はマイナーチェンジなのでNovaやNova liteをお持ちの方が買い直すような違いではありません。大きな差はデュアルレンズカメラです。しばらくぶりにスマホを買う方でミドルレンジでカメラ性能を重視したい方は2シリーズをオススメします。

とりわけNova lite2は最低限の機能に絞ってありますが、個々の性能はそれなりでコストパフォーマンスにすぐれています。普通のスマホで十分という人はNova lite2がオススメです。

マーロウ

長文記事最後まで読んでくれてありがとう。参考にしてもらえると嬉しいぞ

(追記)Nova lite 3が発売されました。下記記事もご覧ください。

【News】SIMフリーデビューにおすすめなHuawei Nova lite 3発売!今なら通話契約で8,800円!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。