【実機レビュー】OnePlus Nord N10|高級ブランドが手に届く価格に!

OnePlusがミドルとエントリークラスにも進出

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

高級スマホで有名な中国のスマホメーカーOnePlus。今年に入り、ミドルハイクラスのOnePlus Nordを発表し、巷を騒がしましたが、なんとミドルクラスにNord N10 5Gを、エントリークラスにNord N100を投入してきました。

OnePlus Nord N10

ミドルクラス向けのSnapdragon690チップセットを搭載しており、5Gに対応しています。Samsung製の6400万PXの解像度を備えた4眼カメラを搭載。90Hzのリフレッシュレートにも対応し、30Wの急速充電にも対応となかなかのスペックです。

しかしNordと比べるとディスプレイが有機ELからIPS液晶へ、メモリも8G→6Gと格下げになっていますし、LTE対応バンドも削減されています。一方で、Nordには搭載されていないイヤホンジャックとSDカードスロットが搭載されていて、廉価製品らしい配慮がなされています。

一言で言えば、ミドルハイクラスのNordに対して、ワンランク性能を落としてミドルクラスにした機種ですね。そのぶん価格も下がっていますが、性能の低下に比べて安くないような…

カラーはミッドナイトアイスのみ。価格は€350(約4.3万円)となっています。

OnePlus Nord N10をストアで探す/

etoren logo
expansys
Gearbest Logo

OnePlus Nord N100

N100はエントリークラス向けのSnapdragon 460を搭載。メモリも4GBと控えめ。ディスプレイもFHDではなくHD+サイズです。5Gにも対応していません。

とはいえN10 5Gよりも大容量の5000mAhバッテリーや、イヤホンジャックやSDカードスロットを搭載するなどのエントリークラス向けの配慮が見られます。

カラーはミッドナイトフロストの1色のみ。価格は€200(約2.5万円)となっています。

OnePlus Nordシリーズのスペック比較表

一気にNordファミリーが増えて、性能の違いがわかりにくく感じましたので、スペック比較表を作成してみました。かなりわかりやすい性能の差が出ていると思います。

ドコモプラチナバンドには非対応
これまでOnePlusの製品はグローバルバンド対応でドコモのみならずauですらプラチナバンド対応をしてきたのですが、N10とN100は対応から外れました。機種選びの際はご注意を。なおUK版と中国グローバルではバンドが異なりますので要注意!
項目NordNord N10Nord N100
寸法73.3 mm X 158.3 mm X 8.2 mm74.7 mm X 163.0 mm X 9.0 mm75.1 mm X 164.9 mm X 8.5 mm
重量184 g190 g188g
ディスプレイサイズ6.44″6.49″6.52″
ディスプレイ種類有機ELIPS液晶IPS液晶
解像度FHD+
1080 x 2400 px
FHD+
1080 x 2400 px
HD+
720 x 1440 px
リフレッシュレート90 Hz90 Hz60 Hz
ガラス強度Gorilla Glass 5Gorilla Glass 3Gorilla Glass 3
SoCSnapdragon 765GSnapdragon 690Snapdragon 460
メモリ8/12 GB6 GB4 GB
ストレージ128 GB128 GB64 GB
Antutuスコア312,455275,000150,000
SDカード
指紋認証画面内背面ボタン背面ボタン
リアメインセンサーSony IMX586 Exmor RSOmnivision OV64B不明
標準レンズ解像度48 M64 M13 M
広角レンズ解像度8 M8 M
マクロレンズ解像度2 M2 M2 M
ポートレート解像度5 M2 M白黒2 M
フラッシュデュアルシングルシングル
光学手ブレ補正
セルフィーセンサーSony IMX616不明不明
セルフィー解像度32 M16 M8 M
5G対応
ドコモプラチナ
auプラチナ
Softbankプラチナ
GPSL1+L5L1+L5GPS
DSDS
バッテリー容量4,115 mAh4,300 mAh5,000 mAh
急速充電30W18W30W
無線充電
OSAndroid 10Android 10Android 10

OnePlus Nord N10の実機レビュー

開封の儀

AliExpressの11.11セールで購入してみました。毎度のことですが、化粧箱の角が潰れています。

化粧箱のデザインは毎度ながらかっこ良いですね。OnePlusらしいです。

本体がお目見え。

下段には充電器とケーブル。グローバル版なので充電器がヨーロッパ仕様のC型なのが残念…。いちおう変換アダプターが付属してきました。

付属品一式。…なんと保護ケースもフィルムも付いておりませんでした。Nordは全部付きだったのですが。。そこまでケチらなくても。

ボディをチェック

背面はガラス、側面フレームはプラスチック。この価格帯ではよくある仕上げです。色はやや青みの入ったグレー。渋めです。Nord無印と異なるのは背面に指紋認証ボタンがあることです。

ガラス仕上げなので、結構反射します。また指紋も付きやすいです。保護ケース必須…なのに付属してません(ノД`)シクシク

カメラユニットが結構出っ張ってますね。保護ケースつければ大丈夫。

指紋認証は背面物理ボタン式。認証は爆速です。

右サイド。電源ボタンのみ。OnePlusの特徴であるアラートスライダーはありません…

左サイド。音量ボタンとSIMトレイ。このあたりもNord無印とは異なっています。

トップ。

ボトム。3.5ミリオーディオジャックがあります。このあたりも廉価版って感じですね。

SIMトレイ。SDカードスロットもついたDSDS対応。

OnePlus Nord N10のパフォーマンスをチェック

OSはOxygen OS 10が搭載されています。ソフト的には上位機種となんら変わりはありません。

OnePlusは余計なソフトを入れないのが気持ち良いです。

Antutuスコア。Snapdragon 690って結構スコアでるんですね。Snapdragon 720とさほど違いがありません。これだけ出れば日常使いでは問題ないです。

GeekBench5スコア。こんなもんでしょう。

Antutuストレージテスト。標準的だと思います。

WidevineDRMはL3。とでましたが、Amazon Prime Videoは問題なくHDで視聴可能です。

ゲーム性能

バトルロワイヤルゲームPUBGをプレイしてみました。動きは軽快で特に問題はありません。デュアルスピーカーなので、音も迫力があります。

SoCがミドルクラスなので、グラフィックはHD止まりです。

ネットワーク性能

4Gバンドは次の通りで、Nord無印と異なり、ドコモプラチナバンドB19、auのB18に対応していないのが残念です。したがってソフトバンク回線がおすすめです。

  • 4G LTE-FDD:B1B1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28/66
  • 4G LTE-TDD:B38/39/40/41
  • 5G:n1/3/7/28/41/66/78

OnePlusのスマホはすべてVoLTEが閉鎖されていますので、開放作業をしなくてはなりません。作業の結果、無事開放することができました。作業の手順は次の記事をご参考ください。

なお現在はAndroid10ですが、11にアップグレードするとVoLTEの難易度が少しあがるのでご注意ください。

【TIPS】OnePlus 7 / 8 / 8TシリーズのVoLTE機能を開放せよ!手順を詳しくレポート!

OnePlus Nord N10のカメラ性能をチェック

イメージセンサーはOmnivision OV64Bとのこと。これまでOnePlusはSONY一本槍でしたが、さすがにミドルクラスではランクを落としてきました。

とはいっても実際に使って見ると、結構きれいに取れます。

屋外でのズーム性能

超広角。補正が効いていて変な歪もありません。

標準。

2倍ズーム。フツーな感じで撮れます。

明るい屋内。メシ撮り。自然な色合いで撮れています。

ポートレートモード。ボケもしっかり出ています。

暗めの室内。ややアンダーで色合いも微妙〜。

質感はしっかりと出ています。

室内光ブツ撮り。

マクロ。4cm程度まで。

セルフィー。ややアンダーですね。

リア。標準。

リアポートレート。ちょっとボケ過ぎ。

夜景。意外に撮れます。

以上、カメラ性能をまとめてみると、価格の割にはきれいに撮れるという印象です。日常使いであれば満足できるでしょう。

OnePlus Nord N10まとめ

ユーザーからしてみれば、選択肢が増えるのは良いことなのですが、OnePlusに限ってはこれまで築いてきた高級ブランドのイメージがあるので、安易な廉価機種は出してほしく無いというのが筆者の感想。車で言えばBMWがファミリーカーを出してきたような違和感です・・・。

実際に触ってみて、やはりビルドクオリティはOnePlus。しっかりしています。ただこの程度であればXiaomiの端末と大差ありません。パフォーマンスもカメラもしっかりしていますが、こちらもXiaomiと大差なし。

スマホとしての完成度は一流ですが、OnePlusらしい高級感や独自性は失われているので、どうしても安価でOnePlusスマホを購入したい人向けという印象です。

とはいえ、購入するならば価格と性能を考えればやはりNord無印のほうをおすすめします。無印はB19にも対応していますしね。

Pros.満足な点

  • プラスチック製だがそれなりの高級感
  • OnePlusらしい完成度
  • 価格の割にカメラ性能が良い
  • デュアルスピーカー搭載

Cons. 不満な点

  • ドコモとauのプラチナバンドに非対応
  • XiaomiやRealmeの同クラスに比べるとやや割高。
  • フィルムと保護ケースが付属しない
  • OnePlusの特徴であるアラートスライダー無し
OnePlus Nord N10の評価
  • デザイン
  • パフォーマンス
  • 使い勝手
  • カメラ
  • 価格
3.9

総合評価

価格に見合った性能。ただNord無印のほうがおすすめ。

OnePlus Nord N10をストアで探す/

etoren logo
expansys
Gearbest Logo

\ あわせて読みたい /

【レビュー】OnePlus 8の公式保護ケース|Karbon Bumperを購入してみた!ピッタリフィットだが滑りやすい?【レビュー】OnePlus初の高級ミドルOnePlus Nord|完璧な仕上がりで幅広くおすすめできる!【中華スマホ】Oneplus8【レビュー】OnePlus 8|軽すぎ!速すぎ!とにかくストレスが無い【中華スマホ最高峰】

コメントを残す