MENU

マーロウ

ガジェット探偵事務所所長。複雑に入り組んだガジェット世界の謎を日々探求する自称ハードボイルド探偵。長年のMacユーザー。にわかXiaomi信者。本業リーマン兼業ブロガー。

【NEWS】みんなが求めていたスマホ|いまOPPO Reno Aが人気な理由3点を解説

https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/02/ane-1.png
アン秘書

OPPOから新発売されたReno Aが大人気だそうですね!

https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/03/marlowe-normal.png
マーロウ

今はちょうど手頃なシムフリースマホが無いからな。ニーズにピッタリ合ったのだろう。さっそくその魅力を紹介していくぞ。

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

中国のスマホメーカーOPPOが新発売したReno Aが大人気です。発売開始後数分で売り切れ、現在も品薄が続いています。

発売前はさほど話題にはなりませんでしたが、やはり皆さん注目していたようです。

以下に詳しく解説します。

OPPOってどんなメーカーなの?

まずOPPOって日本ではまだまだ知名度ないですよね。オッポって呼びます。

OPPOについて
中国広東省東莞市を拠点とする通信機器メーカー 。スマホ世界シェア5位。中国国内ではシェア2位。カメラ機能を充実させたコスパスマホで人気を得る。Huawei、VIVO、Xiaomiとならび中国四大スマホメーカーの一つ。2017年に日本進出を果たす。

現在、日本では次の5モデルが販売されています。

  1. ハイエンドクラスのReno 10X Zoom (Snapdragon 855)とFind X(Snapdragon 845)
  2. ミドルハイクラスのR17 Pro(Snapdragon 710)
  3. ミドルクラスのR17 Neo(Snapdragon 660)
  4. エントリークラスのAX7(Snapdragon450)

Renoシリーズは新しいラインナップで、今後、Rシリーズと並行して発売されていくものと見られます。HuaweiのPシリーズとMateのような感じでしょうか?

クラス的にはミドルハイに位置し、チップはR17Proと同じですが、値段についてはR17 Proが定価76,868円⇒49,300円〜のところ、Reno Aは35,500円(税別)〜ですので大幅に安いのがポイントです!

OPPO Reno Aが人気な理由3点

1 30,000円台なのにミドルハイクラスのチップセットを採用しているから!

やはり一番のポイントは、SoC(チップセット)の性能です。Qualcomm社のミドルハイクラスチップのSnapdragon 710を搭載。

一般的にSnapdragon 710のAntutuベンチマークでは150,000点台!。メモリもたっぷり6GBで。サクサクの捜査官とスムーズなゲームプレイが楽しめるでしょう。おまけにストレージが128GBとこちらもタップリ。高解像度の写真をいっぱい撮影しても大丈夫です。

Snapdragon 710は製造プロセスが10nmと細かいので、高負荷な処理や3Dグラフィックのゲーム中もあまり熱を持たないように設計されています。

日本国内では30,000円台でこのSoC採用のスマホは他には無いでしょう。中国から個人輸入すれば別ですが…。

2 日本向けローカライズがバッチリだから!

実は日本のスマホ業界って思っている以上にガラパゴスなんです。世界中でほとんど使われていないFeliCa(Suicaなどに使われているICチップを用いた非接触通信)が普及しちゃっているため、おサイフケータイという日本以外ではほぼ使われていない機能が求められたりします。

さらに日本人はなぜかトイレにスマホを落とすのと、いきなりのスコールが多いせいか、防水機能が強く求められています。…実はiPhoneのような高額スマホが普及しすぎているためなのですが…。

いわゆる中華スマホは、グローバル製品のため、そんな日本の特殊事情に合わせてくれたりはしません。Huaweiのスマホなどがそうですね。

ところが日本市場の開拓に積極的なOPPOは、おそらく多額の費用をかけて、Felicaと防水性能を搭載してきました。

ハイエンドならいざしらず、ミドルハイクラスで、かつこの価格帯で採用してくるとは粋なはからいです。

3 カメラ撮影に定評があるから!

OPPOが中国で成長できたのは、チップの性能はそこそこに抑えて、カメラ性能の向上に特化してきたからです。どこの国でもスマホにおける撮影機能は重要視されます。

四大メーカー以外の中華スマホだと、カメラアプリの性能がいまいちでフォーカスが合わなかったり、画像処理が未熟だったりしますが、定評があるOPPOであれば問題ありません。

カメラのイメージセンサーもSONYのような高級品こそ採用していませんが、解像度が1,600万画素で十分綺麗な画質が得られます。はやりの二眼レンズになっているのでボケ味も十分楽しめます。

AI撮影機能など最先端のソフト処理技術も抜かりありません。


その他にも画面内指紋認証や有機ELディスプレイなど高級機種に搭載される性能が盛り沢山です。

OPPO Reno Aのスペックをチェック!

商品名OPPO Reno A 128GB
カラーブルー、ブラック
サイズ
(高さ/幅/厚さ)
約158.4 x 約75.4 x 約7.8(mm)
質量約169.5g
ディスプレイ
(サイズ/種類/解像度)
約6.4インチ / AMOLED / 2,340 x 1,080 ドット FHD+
CPUQualcomm® Snapdragon™ 710/オクタコア 2.2GHz + 1.7GHz
バッテリー容量約3,600mAh
SIMサイズnanoSIM x 2
外部接続端子USB Type-C
対応回線ドコモ回線/au回線 ※au回線はWebのみ受付

OS / メモリ


OS
Android™ 9 Pie
外部メモリmicroSDXC™ 256GB
内部メモリ
(RAM/ROM)
6GB (RAM) / 128GB (ROM) ※楽天モバイル限定

カメラ

メインカメラ(外側)約1,600万画素/約200万画素
フロントカメラ(内側)約2,500万画素

その他

おサイフケータイ
/NFC
対応 / 非対応
フルセグ/ワンセグ非対応 / 非対応
防水/防塵対応 / 対応
生体認証(指紋/顔)対応 / 対応
付属品ACアダプタ / 3.5mmイヤホン /
USB Type-Cケーブル / 安全ガイド /
クイックガイド / SIM取り出しツール /
ケース / 保護フィルム(貼付済み)

気になる点もあります

以上ではとにかくいいところばかり見てきましたが、少し気になるポイントもコメントしておきます。

まずはOSが素のAndroidではなく独自カスタマイズされたColor OSだということです。これは好みが分かれるようです。ややiOS風なテイストでiPhoneからの乗り換えの方はさほど気にならないかもしれません。

また強烈なタスクキル処理がされるので、初心者や電池持ちを気にする方にはオススメなのですが、アプリをいくつも開く方はイラッとする場面があるかもしれません。

次にスマホの背面といえば、デザイン的にもっとも注目されるところですが、ここはややチープ感があるとの評があります。このあたりはファーウェイも同様のテイストなので本機種が特別というわけではありません。iPhoneのような高級感はないということです。価格相応ですね。ケースしてしまえばわかりません!

まとめ:これはOPPOさんが本気で出してきた機種です!

ご存知のようにライバルのファーウェイがトランプ攻撃で撃沈しています(根拠のない風評被害)。

ファーウェイの同クラスでいうとNova 3あるいはP30 liteあたりですが、性能的には本機種のほうが圧倒的に勝利しています。

まさに「鬼の居ぬ間に洗濯」ということで一気に日本市場を攻め落とすつもりなのかもしれません。

なおシムフリー端末は、いまのところ楽天モバイルの楽天市場店のみで購入可能です。下記リンクよりどうぞ!

created by Rinker
OPPO Japan
¥39,380 (2019/10/20 21:17:34時点 Amazon調べ-詳細)
https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/03/marlowe-normal.png
マーロウ

いやぁ。これはまいったな。Xiaomiファンの私でも欲しくなる逸品だ!

https://gaddet.com/wp-content/uploads/2019/02/ane-1.png
アン秘書

SIMフリースマホ入門としてもオススメできますね!

\ あわせて読みたい /

【実機レビュー】OPPO AX7|ライトユーザー向け!こういうので良くね【中華スマホ】国内正規品中華スマホ国内正規品の中華スマホ11選!シムフリー入門に超絶オススメ【まとめ】2019年10月最新版Best Chinese Smartphone compatible B19【2019年9月最新版】ドコモB19対応!格安中華スマホおすすめ16選【SIMフリー海外通販】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Instagram
Facebook
Twitter
Feedly
SHARE