【レビュー】RAVPower RP-PB2320|超大容量モバイルバッテリー・30,000mAhでアウトドアや防災に最適!

RAVPowerから超大容量モバイルバッテリーが登場!

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

今回はスマホアクセサリーを手掛けるRAVPowerから新しく登場した超大容量タイプのモバイルバッテリーRP-PB2320をレビューしていきます。

大容量タイプはこれまで20,000mAhが主戦場でしたが、とうとう30,000mAhが手頃なサイズで登場してきました。

メーカーよりサンプルを提供いただいたので早速レビューしていきたいと思います。

RavPower Logo
RAVPower RP-PB2320はこんな方におすすめ!
  1. 長期間の出張がある
  2. アウトドアで使いたい
  3. 大人数で共同使用。
  4. 車で移動するので重さが気にならない
  5. 災害時の備えに
iPhoneと相性がいいぞ

\ 商品をストアでチェック /

モバイルバッテリー RAVPower 90W PD対応 30000mAh 超大容量 USB-A+USB-C 2ポート PPS/iSmart3.0/PD3.0/QC3.0対応 MacBook/ノートパソコン/Switch/iPad/iPhone/Android等対応 PSE認証済 RP-PB232 (White)
RAVPOWER

RAVPower RP-PB2320のセールスポイント3点をチェック

メーカーがアピールしているセールスポイントは次の3点です。

1. 90Wの高出力給電

USB Type-C使用時には90Wの高出力給電が可能。Macbook Pro 15.4モデルをわずか40分で0%から50%まで充電可能と、お手持ちのデバイスをより高速に充電可能

2. 30,000mAhの大容量

PB232は30,000mAhの大容量バッテリーを備え、お手持ちのデバイスを何度も充電することが可能です。持っているだけで充電の不安から解き放たれます。

3. バッテリー本体への急速充電にも対応

デバイス本体への充電だけではなくPB232本体への給電にも急速充電が可能。60W入力で給電する場合、わずか2時間半で満充電にすることが可能です。より早く便利にご利用することが可能です。

RAVPower RP-PB2320を類似製品と比較してみた

30,000mAhクラスとなると比較対象がなかなか見つかりません(名の知れない中華製品はいっぱいありますが…)。やや容量が違いますが、ライバルAnkerのPowerCore III Elite 25600 87Wと比較してみました。

項目RAVPower
RP-PB2320
Anker
PowerCore III Elite
商品
寸法150 x 87 x 25 mm183.5 × 82.4 × 24mm 
重量540g573g
入力(USB-C)5V⎓3A
9V⎓3A
12V⎓3A
15V⎓3A
20V⎓3A
最大60W
5V⎓3A
9V⎓3A
15V⎓3A
20V⎓5A
最大100W
出力(USB-C)5V⎓3A
9V⎓3A
12V⎓3A
15V⎓3A
20V⎓4.5A
最大90W
5V⎓3A
9V⎓3A
15V⎓3A
20V⎓4.35A
最大87W
出力(USB-A)5V⎓3A
9V⎓2A
12V⎓1.5A
最大18W
5-6V⎓3A
6-9V⎓2A
9-12V⎓1.5A
最大合計出力PD 65W + iSmart 18W
合計83W
78W
バッテリー容量30000mAh / 108.9Wh25600mAh
対応プロトコルPD 3.0PD 3.0
Amazon価格¥9,999
(5%クーポンあり)
¥10,490

まず形状が大きく異なります。厚みはほとんど同じですが、RAVPowerの方が長さが抑えられています。重量も約30g軽量ですね。

続いて出力性能ですが、両方ともPD対応で90Wと87Wの違いですからほとんど同じです。ただポート数がRAVPowerは1口ずつなのに対して、Ankerは2口ずつあります。

バッテリー容量はRAVPower製品の方がだいぶ大きいです。スマホ充電1回分の差があります。

価格はほとんど同じですが、クーポンを考えるとRAVPower製品の方が少しお得といえます。

モバイルバッテリー RAVPower 90W PD対応 30000mAh 超大容量 USB-A+USB-C 2ポート PPS/iSmart3.0/PD3.0/QC3.0対応 MacBook/ノートパソコン/Switch/iPad/iPhone/Android等対応 PSE認証済 RP-PB232 (White)
RAVPOWER

RAVPower RP-PB2320の実機レビュー

それでは早速、実機をレビューしていきましょう。

いつものライトブルーを貴重にした化粧箱。すべて紙製品で梱包されており、環境への配慮もしっかりしているのは好感が持てます。

本体の他にはUSB-Cケーブル(C to C)

無骨な感じです。デザインより性能重視って感じです。

LEDランプで残量がわかるようになっています。

背面には充電仕様が記載されています。

充電ポート。USB-AとUSB-Cが1口ずつ。アウトドアなどで家族で共有する場合、USB−Cがもう一つくらいあっても良いなと思いました。

USBケーブル。C to Cです。

充電時の様子。

RP-PB2320のサイズチェック

RP-PB2320の大きさと重量をチェックしていきましょう

モバイルバッテリーとしては思いですが、10,000mAhを3つ持つよりは軽いです。

A4サイズのノートPCと比べてみました。

重さは538g。やはりけっこう重いです。片手で持つとズッシリときます。

RP-PB2320の充電能力をチェック

USBテスター(USBテスターAVHzY CT-3)で充電能力をチェックしてみます。

USB-Aポートの対応プロトコルです。こちらはPDには対応していませんのでご注意を。

USB-CポートはPD3.0に対応。QCにも対応しています。

バッテリー容量をチェック。抵抗を付けてフルチャージから使い切るまでのW数を計測します。公称値108.9Whに対して、95Whでていますので大変優秀です。

充電性能。モバイルバッテリーに充電するときです。65W出力対応充電器を使用しました。ちゃんと60Wで充電されています。

続いて給電性能。USB-Cポートを持つiPad Air 4。12W程度で充電していました。

Android スマホOnePlus 9 Pro。こちらも12W程度。

充電・給電性能はスペック通りで問題ありません。

RAVPower RP-PB2320の評価まとめ

実際に使ってみての第一印象は「ヘビーだけどパワフル!」でした。

結構重いので、かばんに入れて持ち運びは現実的ではないです。スーツケースならありかも。

筆者的にはやはり防災目的で一家に一台置いておきたいですね。数年前台風で停電したときにモバイルバッテリーのありがたさを痛感しました。スマホが使えなくなると情報が入ってこなくなるので、めちゃくちゃ不安になります(テレビも着かないので)。30,000mAhもあれば家族が一晩余裕で耐えることができます。

次にアウトドアでも重宝すると思います。キャンプするにも最近はUSB充電タイプの機器が増えてきました。スマホ以外にもランタンや懐中電灯なども充電できるのは心強いです。車に一つ積んでおけば安心です。

一昔前まで30,000mAh超えはけっこうなお値段しましたけど、10,000円を切る価格になってきたので、ぜひこの機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

RAVPower RP-PB2320の評価
  • デザイン
  • 給電性能
  • サイズ・使用感
  • コストパフォーマンス
3.8

総合評価

ヘビーだがパワフル!アウトドアや災害用に一家に一台備えておきたい!

\ 商品をストアでチェック /

モバイルバッテリー RAVPower 90W PD対応 30000mAh 超大容量 USB-A+USB-C 2ポート PPS/iSmart3.0/PD3.0/QC3.0対応 MacBook/ノートパソコン/Switch/iPad/iPhone/Android等対応 PSE認証済 RP-PB232 (White)
RAVPOWER

 

\ あわせて読みたい /

コメントを残す