【実機レビュー】MacテイストなマウスSatechi M1を購入したのでフォトレポ!

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

長年のMacユーザーである筆者。いつもMacに似合うマウスを探し求めいますが、なかなか良いものがありません。

そこで今回はMac向けアクセサリーを手掛ける米国Satechiのマウスを購入してみましたので、簡単にフォトレポートしていきます。

商品の特徴は次の通り。

  • 【BLUETOOTH 4.0】Bluetooth対応のコンピューター、ラップトップ、タブレットに簡単セットアップで接続。ワイヤレス範囲は9.8M
  • 【高速、高精度トラッキング】オプティカルセンサーと1200 DPI 解像度で高精度トラッキング、高速スクロールを実現
  • 【TYPE-C 充電式】内蔵リチウムイオン電池と再充電式Type-Cポートで使い捨て電池にさようなら。 
  • 【モダン人間工学的デザイン】流麗アルミニウムデザイン。わずかにカーブした形状が右利き左利き両方の使用者の手になじみます

化粧箱。なかなかオシャレにデザインされています。

ところが箱をあけると無様なプラケース・・。プラケースはやめましょう。ケーブルもちんけなやつです。ここは高級感出してほしいところです。

本体。格好は良いのですが、アルミ部分がなぜかチープ感があります。ホイールはアルミ素材に滑り止めのギザギザがついていて無骨な感じで好感。

背面。いいんじゃないでしょうか。充電式なので、電池を入れる箇所がありません。

使用感。うーん。やはりデザイン優先って感じですね。フィット感がいまいち。個人的には高さがたりません。使いづらい・・・。ホイールやクリック感は良いです。

あとやはり第4ボタンはほしいですねぇ。

充電。Type-Cケーブルでいけます。これはGood。バッテリーは結構持ちます。自動OFF機能が働いているようです。

Macとの接続はBluetoothで。さっくりと繋がります。Bluetoothのバージョンは4.0

使用感と質感に少し難ありですが、デザイン重視でMacに似合うマウスをお探しなら選択肢になると思います。

以上、簡単にフォトレポートでお届けしました。

コメントを残す