【TIPS】スマホに使われるQualcomm 社のSoC・Snapdragonシリーズのスペックをまとめてみた

マーロウ

スマホの性能を検討する上でよくQualcomm社のSoCの名称が出てくるが、型番だけではわかりにくいのでスペックや搭載機種を表にまとめてみたぞ。

Qualcomm社製のモバイル用プロセッサー(SoC)

スマホの場合は、PCと異なり、チップの上にCPUだけではなく、GPUやモデムなど様々なユニットをまとめて搭載しています。これをSystem on a Chipの略語SoCと呼びます。PCだとCPUが注目されがちですが、スマホの場合はSoCに注目します。

ここで紹介するQualcommのSnapdragonが最も有名で多くのスマホに採用されていますが、そのほかにHiSiliconのKirin、SamsungのExynos、MediaTekのMTKやHelioなどがあります。iPhoneにはApple社が開発したAシリーズのSoCが搭載されています。

SoCを構成する主要な要素

プロセス

製造プロセスルールの最小単位の大きさをナノメートル(nm)で表示しています。小さくなればなるほど効率的に生産でき、消費電力も下がりますが、高度な製造技術が必要になります。

CPU

中央演算装置ですね。人間の脳あるいは車のエンジンのような部品です。その中心部分が「コア」であり、同じコア名称(Kryoなど)であればクロック数が高いほど、あるいはコア名称のあとについている数字が大きいほど高性能です。

また近年はコアを複数搭載するものが多く、4つ搭載するものはクアッドコア、8つはオクタコアのように呼びます。同じコアであればコア数が多いほど高性能です。ただコア数が多いからといってもコアが異なれば性能が異なってきますので単純な比較はできません。

GPU

グラフィック演算装置(Graphics Processing Unit)。画像や動画を処理する装置です。Qualcomm製品は同社のAdrenoが使われています。名称のあとの数字が大きいほど高性能です。

メモリ

メモリのインタフェース規格です。大きくDDR4かDDR3にわかれ、DDR4の方が高速に接続できます。

モデム

通信ユニットです。Qualcomm社製のユニットが使われています。Xのあとの数値が大きいほど高性能です。

Antutuベンチマークスコア

スマホの処理能力は、概ねSoCのスペックに比例しますが、最適化などで機種による違いが出ます。どの程度の違いがあるのかは定量化されているベンチマークの値を見るのがわかりやすいです。ここでは最も用いられているAntutuベンチマークのスコアを掲載します。下記記事をご参考ください。

【TIPS】中華スマホのAntutuベンチマークスコアをグラフ化してみた|Huawei, Xiaomi, OPPO, ASUS, +Apple

Snapdragon 800シリーズ(フラッグシップ)

フラッグシップモデルに使用されています。2013年に登場。Qualcommが開発した新技術は、通常この800シリーズに最初に実装され、その後他のシリーズに応用されます。LGのVシリーズ、SamsungのGalaxySシリーズ、XiaomiのMiシリーズ、OnePlusデバイスに用いられています。

製品名プロセスCPUGPUメモリモデム
855 7nm8x Kryo 485
Up to 2.84GHz
Adreno 640LPDDR4XX24/ X50
84510nm8x Kryo 385
Up to 2.8 GHz
Adreno 630LPDDR4XX20
83510nm8x Kryo 280
Up to 2.45 GHz
Adreno 540LPDDR4XX16
82114nm4x Kryo
Up to 2.4 GHz
Adreno 530LPDDR4X12
製品名Antutu搭載機種
855不明未定
845 270,000-300,000OnePlus 6, Pocophone F1, Xiaomi Mi 8, Xiaomi Mi 8 Pro, Xiaomi Black Shark, Samsung Galaxy S9 & S9+, Asus ROG, Sony Xperia XZ2 Premium, LG V35 ThinQ, HTC U12+, Xiaomi Mi Mix 2s, Vivo Nex S
835 160,000-190,000OnePlus 5 & 5T, Samsung Galaxy S8 & S8+, Galaxy Note 8, Sony Xperia XZ Premium, LG V30 & V30+, Google Pixel 2 and Pixel 2 XL, Xiaomi Mi Mix 2, Mi 6, Nokia 8
82163,000-68,000Google Pixel, Pixel XL, Xiaomi Mi 5s, Mi note 2, Mi Mix, OnePlus 3T, Samsung Galaxy Note 7, Lenovo ZUK Edge, LG G6 & G6+, Asus Zenfone 3 Deluxe

Snapdragon 700シリーズ(ハイエンド)

2018年に発表された新シリーズ。フラッグシップに匹敵する性能を備え、600と800シリーズの間のギャップを埋める位置づけです。

製品名プロセスCPUGPUメモリモデム
71010nm8x Kryo 360
Up to2.2 GHz
Adreno 615LPDDR4XX15
製品名Antutu搭載機種
710168,000Xiaomi Mi 8 SE, Vivo Nex A, Meizu 16, Oppo R17 Pro

Snapdragon 600シリーズ  (ミッドレンジ)

ミッドレンジをターゲットにしています。2013年に登場し、多くの機種で採用されています。旧モデルはエントリー向けに用いられることもあります。

製品名プロセスCPUGPUメモリモデム
660 14nm8x Kryo 260
Up to 2.2 GHz
Adreno 512LPDDR4XX12
63614nm8x Kryo 260
From 1.95 GHz to 2.2 GHz
Adreno 509LPDDR4XX12
65228nm4x ARM Cortex A72
4x ARM Cortex A53
Up to 1.8 GHz
Adreno 510LPDDR3X8
63014nm8x ARM Cortex A53
Up to 2.2 GHz
Adreno 508LPDDR4XX12
62514nm8x Cortex-A53
Up to 2.0 GHz
Adreno 506LPDDR3X9
製品名Antutu搭載機種
660130,000-140,000Oppo R11, Oppo R11s, Sharp Aquos S2, Asus Zenfone 4, Nokia 7 Plus, Xiaomi Mi 6X, Mi Note 3, Vivo X20, Samsung Galaxy A9 Star, Mi A2
636110,000-130,000Xiaomi Redmi Note 5/Note 5 Pro, Nokia X6, Asus Zenfone Max Pro M1, Lenovo Z5, Moto Z3 Play
65280,000Xiaomi Mi Max, LeEco Le 2, LeEco Le S3, ZTE Nubia Z11 Max, Coolpad Cool 1, HTC 10 Lifestyle, Samsung Galaxy A9 & A9 Pro
63090,000Nokia 6 (2018), Nokia 7, Sharp Aquos S3, Sony Xperia XA2 & XA 2 Ultra, HTC U11 Life, Motorola Moto X4 & Moto G6 Plus, Asus Zenfone 5 Lite
62580,000Xiaomi Redmi Note 4 , Redmi S2, Mi A1, Mi Max 2, Redmi 5 Plus (Redmi Note 5), ZTE Nubia M2, Vivo V5 Plus, Vivo X9, Samsung Galaxy C7, Lenovo P2, Motorola Moto G5 Plus & Moto G5s Plus, Asus ZenFone 3 & Zenfone 3 Deluxe, Huawei Nova & Nova Plus

Snapdragon 400シリーズ  (ローエンド)

ローエンド向けで2013年に登場しました。現在では上位機種のとの差が開きすぎているので採用する機種は限られています。

製品名プロセスCPUGPUメモリモデム
45014nm8x Cortex-A53
Up to 1.8 GHz
Adreno 506LPDDR3X9
43528nm8x Cortex-A53
Up to 1.4 GHz
Adreno 505LPDDR3X9
43028nm8x Cortex-A53
Up to 1.4 GHz
Adreno 505LPDDR3X6
42528nm4x Cortex-A53
Up to 1.4 GHz
Adreno 308LPDDR3X6
製品名Antutu搭載機種
45070,000Xiaomi Redmi 5, Asus Zenfone 5 Max, Huawei Honor 7c, Vivo V9 & V7+, Motorola Moto G6, HTC Desire 12 Plus, Samsung Galaxy A6+
43555,000Xiaomi Redmi Note 5A, Redmi 4x & Redmi 4, LG Q6, Oppo A57, Huawei Y7
43055,000Nokia 5, Nokia 6, Asus Zenfone 3 Laser, Xiaomi Redmi 4 & Redmi 3s, Lenovo K6, Motorola Moto G5 & G6 Play, LG Stylus 2 Plus, Huawei Nova 2 Lite
42545,000Xiaomi Redmi 4A, Redmi 5A & Redmi Y1 Lite, Moto E4, Samsung Galaxy J2 Pro & Galaxy On5, Vivo Y53, Nokia 2.1

※Antutuスコアはv7のおおよその値です。

マーロウ

以上、参考にしてもらえれば嬉しいぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です