8-in-1タイプなのに4,000円切り!ノートPCに最適なVAVA 8-in-1USB-Cハブ 【実機レビュー】

安価な8-in-1USB-Cハブが登場!

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

さて、今回は家電やPCアクセサリーを手掛けるVAVAから新登場した8-in-1USB-Cハブをメーカーさんからサンプル提供いただいたので、レビューしていきたいと思います。

VAVAは日本ではまだあまり知名度の無いブランドですが、Amazon.comを見るとアメリカではそこそこ知られたブランドのようです。日本ではプロジェクターをメインに販売していますが、PCアクセサリーにも進出してきたようです。

VAVA 8-in-1USB-Cハブはこんな方におすすめ!
  1. USB端子が少ないノートPCを使っている(MacBookなど)
  2. iPadをノートPCのように活用したい
  3. 出先でプレゼンすることが多い
  4. MacBookにマッチするハブを探している
  5. 60HzでHDMI出力したい。
MacBookと相性がいいぞ

VAVA 8-in-1USB-Cハブのセールスポイント3点をチェック

1. コンパクトボディなのに8つの機能が盛り込まれている!

さすがUSB-Cですね。データ転送や充電だけではなく、映像音声データまで送ることができます。

  1. MicroSD(TF)カード
  2. SDHCカード
  3. ヘッドフォンジャック(AUX)
  4. USB 3.2 Gen1 Type-A x2
  5. USB 3.2 Gen1 Type-C
  6. HDMI
  7. USB-C充電用ポート

これ一台を携帯していれば出先で、急に出力したり、データを受け入れたりすることになってもなんとかなりそうです。

2. PD100Wに対応。パワフルな充電性能!

PDの最大規格である100Wに対応しています。本体で15W使用してしまうので、出力は85Wになりますが、それでもものすごい能力です。ノートPCの充電なんてお手の物。問題は100Wに対応した充電器やケーブルを揃える方ですね…。

3. 4K高画質+48kHzサンプリングレートに対応。

HDMIポートは最大[email protected]の解像度をサポートしているので、画面をTVにミラーリングしたりするときにきれいに出力できます。

3.5mm AUXポートは48kHzのサンプリングをサポートし、意図通りにサウンドを生成します。

 

  • VAVA 8-in-1USB-Cハブを購入するならAmazonがおすすめ。

VAVA 8-in-1USB-Cハブを類似製品と比較してみた

マルチUSBハブも多くのメーカーが参入しています。ここでは8 in 1タイプの売れ筋商品を2つ比較対処に選んで、スペックを表に整理してみました。

項目VAVA usb c ハブ 8-in-1AUKEY 32WAnker PowerExpand 8-in-1 USB-C
商品
寸法10.7 x 4.2 x 1.28 cm16 x 6.4 x 10.5 cm11.8 x 5.5 x 1.7 cm
重量67 g79 g110g
PD対応
出力(USB-Cパススルー)85W60W85W
microSD
SDカード
USB-A ポート数2
(3.2Gen1)
32
USB-C ポート数2
(充電専用x1)
1
充電専用
1
最大データ転送速度5Gbps1Gbps5Gbps
HDMI ポート数112
最大解像度4K (60Hz)4K (30Hz)4K (30Hz)
イーサネット ポート数11
3.5mmAUXジャック
Amazon価格¥3,999¥8,699¥6,490

この表からライバル3機種との比べて本製品の特徴は次のように指摘できます。

  1. 最も軽量。最も安価。
  2. USB-Cポートが2つある。その分、USB-Aが少ない。
  3. イーサネットポートが無い、かわりにAUXジャックがある。

特に注意したいのは、③ですね。ほとんどのノートPCにはAUXジャックはついているので、2つ以上使用したい環境かどうか、あるいはイーサネットを使用しなくて良い環境か(無線LANでOK)を事前に確認しておきましょう。

VAVA 8-in-1USB-Cハブの実機レビュー

それでは早速、実機をレビューしていきましょう。

バイオレットを基調にした化粧箱。すべて紙製品で梱包されており、環境への配慮もしっかりしているのは好感が持てます。

写真ではわかりにくいですが、エンボス加工でPCアクセサリーが浮き彫りに装飾されています。

中も簡易梱包で好感が持てます。

付属品はマニュアルとサンクスカードのみ。

本体はアルミ合金製なので、重厚な質感あり、安っぽさはありません。

背面。

別アングルから。手前側にはAUXジャック、USB-A×2、USB-Cポートがあります。

反対側。PDの充電用ポート。SDカードとMicroSDカードスロット。フレームはプラスチック製です。

短手側にはHDMIポートが配置されています。

USB-Cコネクタ。しっかりと作られています。

VAVA 8-in-1USB-Cハブのサイズチェック

手のひらにすっぽりと収まるコンパクトさ。重さも67gなので携帯しても重荷になりません。

標準的な6.5インチサイズのスマホと比べてみました。

ノートPCに接続した場合。USBメモリも差してみました。ケーブルは短めです。

重さは67g。軽量ですね。

VAVA 8-in-1USB-CハブHDMI出力をチェック

本製品の用途で最も気になるのは、ちゃんと外部モニターに出力できるかどうかだと思います。WindowsノートPC、iPad、Androidスマホの3機種でチェックしてみました。

Windows ノートPCからのミラーリング出力。4Kモニターが手元にないのでQHDモニターで。問題なく60Hzで出力されていました。

USB-Cポートを備えるiPad Air 4。つなぐだけで問題なく出力してくれます。

アンドロイドスマホ。OnePlus 8から。こちらもつなぐだけで出力してくれます。

出力のリフレッシュレートが30Hzまでしか対応していない機種が多い中、ちゃんと60Hzに対応してくれているのは嬉しいですね。とくに映像を見るときに違いを感じることができると思います。

VAVA 8-in-1USB-Cハブの評価まとめ

実際に使ってみての第一印象は「ビルドクオリティしっかりやん!」でした。初めて使ってみたメーカーですが、この価格でここまでしっかりと作っていることに好感が持てました。

MacBookなどのアルミ合金筐体を使用しているノートPCに合わせようと思ったら、やはりUSBハブもしっかりと作られている製品を選びたいですよね。

ただ8 in 1 タイプになると価格が5,000円を超えてくるところを、本製品は4,000円以下に押さえているのと言うのが最大の価値だと思います。

実際に使用してみて、問題なく使えましたので、マルチUSBハブをお探しの方、ぜひ候補の一つに加えてみて下さい。

ではでは。

VAVA 8-in-1USB-Cハブの評価
  • デザイン
  • 給電性能
  • 出力安定性
  • サイズ・使用感
  • コストパフォーマンス
4.1

総合評価

安価なマルチハブだが出来は良い。MacBookユーザーにおすすめ。

  • VAVA 8-in-1USB-Cハブを購入するならAmazonがおすすめ。

 

\ あわせて読みたい /

【実機レビュー】RAVPower RP-PB125 2-in-1モバイルバッテリー付充電器|出張や旅行におすすめする理由4点!【徹底解説】【実機レビュー】Anker PowerPort Speed 1 PD 60|コンパクトなのにハイパワーな急速充電器【ノートPC向け】【実機レビュー】Anker PowerPort Atom PD1|ゴルフボールサイズなのにパワフルな急速充電器【30W】

コメントを残す