新発売のXiaomi 11 Lite 5G NEにワールドプレミアセール来た〜。プラチナバンド対応で輸入もできるよ!

日本でもヒット中の人気モデルにマイナーチェンジモデルが登場!

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

9月15日のシャオミ社グローバル新製品発表会にてXiaomi 11T、Xiaomi 11T Pro,Xiaomi 11 Lite 5G NEの3機種が発表されました。そしていずれも中華通販サイトAliExpressでワールドプレミアセールが開催されます。

このうち本記事ではXiaomi 11 Lite 5G NEについて見どころを詳しく紹介していきます。

なおシャオミはこれまでスマホに使用していたMiブランドを放棄して、Xiaomiブランドに切り替えることに仕様です。つまり前機種まではMi 11だったのですが、今回からXiaomi 11 Lite 5G NEとなりました。

さて、Xiaomi 11 Lite 5Gは日本でも発売されているモデルなのですが、今回末尾にNEがついたことで何が変わったのでしょうか?

下のスペック表を見てほしいのですが、ほとんど変わっていません。相変わらず強力なSnapdragon 700番代後半のSoCを搭載していますし、有機ELディスプレイで90Hzのリフレッシュレートに対応、そしてなんと行っても158gというiPhone miniなみの軽量さ。文句のつけようのないミドルレンジのスターです。

ただしグローバル版はFeliCaに対応していないので、必要な方は注意が必要です。

というか正直なところ、国内版と価格差があまりないので、国内版を購入する方をおすすめします。

  • 2021年09月23日(木) 17:00から
  • ストアクーポン獲得をお忘れなく
  • 最安の場合329$になるようです。
Xiaomi 11T Proのスペック特徴

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gとのスペック比較表

前モデルのXiaomi Mi 11 Lite 5Gとスペックを比較してみました。

ほとんど違いが無いです。ただグローバル版が日本のプラチナバンドに対応したことで、選択肢が広がったと言えますが、グローバル版はFeliCaに依然として対応していないので、必要な方は国内版を購入したほうが良いです。

項目Xiaomi 11 Lite 5G NEXiaomi Mi 11 Lite 5G
寸法75.7 mm
160.5 mm
6.8 mm
75.7 mm
160.5 mm
6.8 mm
重量158 g157 g
SoCSnapdragon 778GSnapdragon 780G
 AnTuTuスコア512000567670
メモリ6GB6GB
LPDDR4XLPDDR4X
ストレージ128/256GB128/256GB
UFS 2.2UFS 2.2
ディスプレイ有機EL有機EL
サイズ6.55″6.55″
解像度2400 x 10802400 x 1080
リフレッシュレート90 Hz90 Hz
タッチサンプリングレート240 Hz240 Hz
リアカメラ??Samsung GW3
64+8+5MP64+8+5MP
フロントカメラ20MP20MP
バッテリー4250mAh4250mAh
急速充電33W33W
無線充電
WiFiWi-Fi 6Wi-Fi 6
Bluetooth5.25.2
B18対応
B19対応
n77対応
  • 2021年09月23日(木) 17:00から
  • ストアクーポン獲得をお忘れなく
  • 最安の場合329$になるようです。

\ あわせて読みたい /

コメントを残す