とうとうXiaomi(シャオミ)が日本に上陸!日本メーカーは生き延びることができるか?

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

前々から予告されていたとおり、本日12月9日にXiaomiが日本進出を発表しました。

Xiaomi(シャオミ)とは一体どんな会社なのか?

筆者は熱烈なXiaomiファンですので、すでに記事にまとめていますです。下記記事ご覧ください。

【中国のApple?】小米科技(Xiaomi)ってどんな会社?詳しく解説します【まとめ】

最年少でGlobal500にランクインしました。

世界第4位のスマホメーカーです。中国国内では苦戦が伝えられていますが、インド市場でNo.1を取るなど、海外での評価が高まっています。

すでに42カ国に進出していますが、なぜ日本進出がこんなに遅れたのかって?それは皆さん、日本が防水FeliCaやB19問題などでガラパゴスしてたからです。ところがHuaweiが退場したので、好機到来と見たのでしょう。OPPOに続いて進出してきました。Huaweiがついた餅を、OPPOが捏ねて、Xiaomiが食すと揶揄されているのはこのためです。

Mi Note 10 / Note 10 Pro

事前に告知されたいた通り、インパクトの強い機種をデビューに持ってきました。1億画素カメラ搭載のMi Note 10です。

Mi Note 10

Mi Note 10は、SoCこそミドルハイクラスのSnapdragon 730Gですが、5眼レンズに1億画素というカメラおばけなスマホです。しかしOPPOのように防水FeliCaに対応することもなく、B19に対応しただけというカスタマイズ具合です。まずはそろりそろーり。

ただ価格がやや高めと一部のXiaomiファンは怒っています。中国での定価は3499人民元(=54,000円)なので、税込58,661円はちょっと高いんじゃないのってことです。

Gearbestの先日のセール価格48164 円でしたから、それなら中国から輸入したほうが安いよねという意見もちらほら。

まぁ、海外通販に抵抗のある方も結構おられるので、手数料みたいなもんでしょうか???

ちなみにMi Note 10 Proというマイナーアップグレード機種も発売されました。

メモリが8G、ストレージが256Gとなり、メインレンズがちょっと良くなっているそうです。値段はやや高め。

いずれも下記リンク先から予約注文可能です。

Mix Alpha

日本で発売かと期待されましたが、試作機がお披露目されただけでした。ちょっとイキりすぎましたか。

しかし公式ツイッターアカウントをユーチューバーに任せるのはいただけません。反省してもらいたいと思います。

Mi Band 4

Mi Band 4も告知通り発売されました!やっと日本語対応してくるのでしょうか?→Mi Fitを確認しましたが12/9現在ファームウェアのアップデートは来ていません。23日までにやってくれるのでしょうか?

Mi Powerbank 3

モバイルバッテリーはパワーバンク3でした。こちらは衝撃価格の2089円です。これにはAnkerもびっくりでしょう。

これまで認証されていないバッテリーの輸入は禁止されていましたから、これは楽しみですね。

Mi IH炊飯器

さてとうとう家電が登場です。それも10,000円切りの炊飯器といきなり攻めてきました。シャオミが元サンヨーで働いていた日本人を再雇用してこれを開発した話は有名ですよね。期待できます。

めちゃくちゃ高い炊飯器を売りつけていた日本メーカーは戦々恐々としていると思います。

スーツケース

こちらはおまけかな。でもこういう商品も売ってくるよという牽制でしょうか。無印良品は((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルですね。

まとめ|日本メーカーは刮目して見よ

まぁ私が偉そうなこと言えた立場ではないのは十分承知の上で言わせてもらうと、日本のメーカーの皆さんヤバいっすよ。みなさんがこの20年のんびりしている間にここまで追いつかれてますよ、と。

あースッキリした。不快になったらスミマセン。まずはそろそろと船出した感じですね。様子を見つつ本格的な攻勢が始まるものと思われます。

OPPOもReno Aがヒットするまで結構かかりましたからね。XiaomiさんもMi Note 10が50,000円台で売れるなんて慢心していると、思わぬしっぺ返しを食らうかもしれません。早々に45,000円まで値下げすることをオススメします。

以上、速報でした。

\ あわせて読みたい /

【中国のApple?】小米科技(Xiaomi)ってどんな会社?詳しく解説します【まとめ】【TIPS】中国に行ってXiaomiの実店舗「小米之家」で買い物してきました【レポート】Xiaomiの家電がついに日本上陸! 第1段としてロボット掃除機Roborock S6が登場!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。