【Xiaomi】Mi 8シリーズ発表!ヤバすぎるスペックに物欲がとまらない!

Marlowe

5月31日に発表されたXiaomiのフラッグシップスマホMi8シリーズの性能と価格が凄まじい。この驚きを伝えるべく速報していくぞ!

新製品の速報レビューなんてあまりするつもりはなかったのですが、ニュースを見てちょっと驚きましたので、このフィーリングを伝えるべく急ぎレポートします。

Appleへのリスペクトが半端ないデザイン

本来Mi6の次はMi7なのですが、Xiaomi社設立8周年を記念してMi8になったそうです。そしていつもどおりAppleのパクリ…ではなくリスペクトで、iPhoneXそっくりですね。ここまで半端なくやるともう素晴らしい。

そして8周年記念特別版のExplorer Editionはなんと半透明のスケルトンデザイン!やってくれますね。

それでは特徴を見ていきましょう。Xiaomiのウェブサイト(中国語)によればその特徴は次の通り!

https://www.mi.com/mi8/

Snapdragon 845で驚異のAntutu30万超え!

Snapdragon 845は驚きではありませんが、Antutuベンチマークスコアが301,472とは驚きです。これまでのプラットフォームで最高記録でしょう。ものすごい処理能力ですが、同時にものすごい発熱も予想されます。

世界初の2周波GPS

世界初採用のL1 + L5デュアル周波数測位とデュアルバンド信号をサポートしており、都市の複雑な環境でナビゲーション精度を劇的に向上させるとのことです。これはまた聞いたことない機能で楽しみですね。

サムスンAMOLED有機ELディスプレイ採用

最近の上位機種では当然になってきた有機ELディスプレイが採用されています。サムスン製で下記のようにハイスペックです。

  • ハイコントラスト:60000:1
  • 広色域:DCI-P3
  • スクリーン占有率86.68%
  • 解像度2248×1080px

SONY製デュアルズームカメラ

SONY IMX363採用。4軸光学式手ブレ補正!すでにMix2SでXiaomiのカメラ技術の高さは評判ですね。きれいな写真が期待できます。またスマートAI機能は、206の写真シーンを識別し、露出および彩度を自動的に最適化することができそうです。

赤外線顔認識とスクリーン指紋認証を搭載!

顔認識はよいとして、ウワサのスクリーン指紋認証機能が登場しました。画面の一部しか認識しないらしいですが、ものすごい技術ですねぇ。最上位のExplorer版は三次元顔認識も搭載しているそうです。

ウワサのスクリーン指紋認証を搭載

廉価版のSEも登場

Appleのやり方のパクリで廉価版として登場したSEクラス。なんと新型SoC SD710を搭載しています。このSoC、Antutu17万超えという性能。ミドルハイクラスなのに、一昔前のハイエンドレベルの性能をもっています。一年あいだにものすごい進化のスピードです。もう物欲が止まりません!あとは海外向けセラーがどれくらいの値段で販売してくれるか楽しみですね。

Mi8SE

値段が破壊的!物欲が抑えられないでしょう!

これだけの先端機能を搭載しながらなんと値段が次の通り。中国本土では6月5日から販売開始とのこと!ガジェットギークはもうポチッとやらずにいられないですね。

  • Explorer Edition:3699元(約6万3000円)
  • Mi 8 6GB+256GB: 2699元(約4万6000円)
  • Mi 8 SE:1799元(約3万円)

Marlowe

いやいや。驚きの性能と価格。HuaweiとXiaomiの二大中華スマホメーカーによる技術革新はものすごいスピードで世界を席巻している。日本企業のみならず台湾メーカーももう追いつけないのではないだろうか。そしてAppleもものすごく危機感を抱いているに違いない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です