【Xiaomi】小米(シャオミ)ってどんな会社?

Marlowe

私もファンの一人であるXiaomi社について簡単にまとめてみたぞ。製品の購入や投資の参考にしてもらえるとうれしいぞ。

小米(シャオミ)社とは?

はじめに簡単にまとめておくと次のとおりです。

  • 2010年設立されたからわずか8年。中国を代表するデジタルハードウェアメーカーに。
  • ネット販売を中心に「高品質低価格」で売上を伸ばし、スマホの世界シェア第4位に!
  • 近年はスマートフォンメのみならず、白物家電からインターネット、金融まで多角的に経営。
  • 巨大な中国市場を拠点としながらも、インド、東南アジア、欧州等の国際市場にも進出。
初期のスマホMI2S (出典: Mi press kit)

小米科技(Beijing Xiaomi Technology Co., Ltd)は2010年、雷軍(Lei Jun)氏によって共同創業者8人とともに中国北京で設立されました。

「小米」は、中国語で「雑穀の一種」という意味。社名の由来は、Mobile Internetの頭文字である「M(obile)」と「I(nternet)」が、中国語の「米(MI)」の発音と同じことに由来します。

どんな製品をつくっているのか?

主にAndroidスマートフォンの製造・販売を行っているほか、ノートPC、スマートテレビ、空気清浄機、オーディオ機器の製造・販売を手掛けています。

Xiaomi社の製品は「高品質低価格」と評価されています。2011年8月に、初代の小米スマートフォンMI ONEを発売しました。同製品は高い支持を得られ、特に中国の20代、30代の若者に人気を博しました。これにより「中国のアップル」の異名で呼ばれることもあります。

Mi Notebook Air (Macbook Airにそっくり)(出典: Mi press kit)
家電製品にも進出(空気清浄機)(出典: Mi press kit)
Mi TV(出典: Mi press kit)

世界的なデジタルデバイスメーカーに

2011年は売上高が約6億元(約100億円)となりました。さらに2013年の販売台数が1,870万台に達し売上高が316億元(約5,300億円)と急速な成長を遂げ、中国でトップ3のスマートフォンメーカーになりました。ネット専売の戦略を使いこなして主に都市部の若者客層を多く獲得し、中国の大都市部を中心に直営店の「小米之家」も展開しています。

年月事柄
2011年AndroidベースのスマートフォンMI-One(小米手機)を発売
2012年末710万台の携帯電話を販売
2013年8月Googleグローバルの副社長Hugo Barra氏を副社長として招聘
2014年2月台湾やシンガポールで事業を展開
2014年7月インド市場に進出
2014年8月インドネシア市場に進出、通販と実店舗を通じて販売開始
2014年末7,122万台の携帯電話を販売。中国シェア1位になる。
2016年3月家電ブランド米家(MIJIA)を展開
2017年11月スペインのマドリードでヨーロッパ発の直営店を開設
2018年5月パリでフランス初の直営店を開設、ヨーロッパでの展開を拡大
2018年5月香港の長江実業集団と提携
2018年7月香港株式市場に上場
2018年8月サブブランドとしてPOCOを展開
2018年11月美顔アプリのMeitu社と提携
Xiaomiのアップルストアを意識した店舗(出典: Mi press kit)
スマホの世界シェア Xiaomi社経営資料より

Xiaomiの関係企業

  • クアルコム…米国の移動体通信技術と半導体開発の大手。アンドロイド向けSoC SnapdragonをXiaomi社へ卸している。傘下の投資会社クアルコムベンチャーズは小米に出資。
  • 華米…中国のウェアラブル装置の製造メーカー。Xiaomi社のウェアラブル端末の製造、販売を手掛ける。
  • 中国電信…中国三大通信企業の一つ。Xiaomi社IPOの公募前に引き受けを約束する。
  • 長江実業集団…香港を中心に事業展開する不動産デベロッパー。小米製品が欧州で拡販する主な提携先。

創業者について

レイ・ジュン氏を始めとする平均年齢は45歳という若き8人の共同創業者によって設立されました。

8人の共同創業者(Xiaomi社ウェブサイトより)

雷军 Lei Jun : 創業者、会長兼CEO

1969年中国湖北省生まれ。1992年にキングソフトの創業に参加し、1998年に同社のCEOに就任。2007年、キングソフトCEOを辞任し、副会長に就任。2010年4月事業を再開し、シャオミ社を設立。エンジェル投資家としても有名で多くのベンチャー企業に投資している。Appleの創業者スティーブ・ジョブズの影響が強く、商品のデザインや販売方法はもちろんのこと、発表会での演出や服装まで、ジョブズの手法を徹底的に模倣した。この戦略が功を奏したため「中国のスティーブ・ジョブズ」と呼ばれている。

(出典: Mi press kit)
Xiaomi社のPRビデオ

米兎(ミィトゥ)と初音ミク

Xiaomi社にはマスコットキャラクターがいます。人民帽をかぶったウサギ米兎(ミィトゥ)です。ふだんはお目にかかることはあまりありませんが、ブートローダーアンロックというコアな作業をする方はFastbootの画面でお目にかかれます。同社のスマホ関連アクセサリにも登場します。

FASTBOOTの画面に登場

また日本生まれのボーカロイドキャラクター初音ミクのコラボスマホを発売したりしています。

このようなお茶目な一面もファンを増やす一因ではないでしょうか。Appleのマネばかり注目されますが、このあたりは戦略がちがっていますね。

インドのXiaomiファン(米粉と呼ぶ)出典: Mi press kit

日本への進出はあるのか?

Xiaomi社の日本進出はかなり前から期待され続けてきましたが、いまだに実現していません。2018年には、Docomoと特許契約について合意がなされたり、日本に子会社をつくったりしたことと、ライバルのHuaweiとOPPOが日本において地歩をかためつつあるので、Xiaomiもそろそろ進出かと噂されています。

一方で米国で中国企業への風当たりが強くなりZTEやHuaweiが圧力をうけているので、米国の子分である日本は政治的リスクが高いことと、防水性能やFeliCaそして技適が必要とされる特殊な環境にあることが参入の障壁になっていることもいなめません。

Xiaomi社はそれよりも巨大市場であるインド市場を重視しているように見えます。

参考記事

ソロス財団、Xiaomi株を購入=ブルームバーグ

復活から攻勢に転じたXiaomi、2018年はシェア4位を維持できるか

Marlowe

急成長中の魅力的な会社であることがおわかりいただけたであろうか。当サイトのXiaomi社商品のレビューもぜひ参考にしてほしい。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です