【実機レビュー】三辺ベゼルレス!Mi Mix 2Sその1ファーストインプレッション編【Xiaomi】

Marlowe

ガジェット探偵局へようこそ。Mi Mix3の登場でだいぶ安くなったMi Mix2sを購入してみた。今さら感があるけれども、後発組らしく、詳細にわかりやすくレビューしていくぞ。

Mix 2Sとは

MixシリーズはXiaomiのスマホの中でもコンセプトフォンと呼ばれる最も実験的で最先端の技術を盛り込んだ製品ラインです。当然最高のスペックで揃えられていますし、その分値段も張ります(といってもiPhoneよりだいぶ安いですけどね)。

最高峰のSoCであるSnapdragon 845を搭載したXiaomiのスマホにMi 8Poco F1があります。Mi 8はXiaomi社のフラッグシップモデル。王道を行く感じですね。Pocoはコスパモデルで見た目よりも性能重視型という違いがあります。

Mixシリーズは初代から三辺ベゼルレスということでボディに対する画面比率が高いことが特徴。昨秋発売の後継機種のMix3ではとうとうカメラがスライド式になり全辺ベゼルレス化してしまいました。

今回紹介するMix2SはMix2のマイナーチェンジです。2018年4月に発売されました。のちほど詳しく紹介しますが、カメラが大きく性能アップしたことが特徴です。

コンセプトは「Art×Technology」。造形的にも技術的にも最高スペックを目指したということでしょう。下のクールなプロモーションビデオをご覧いただければそのコンセプトがよく理解できると思います。

購入はいつも信頼のGearBestから。型落ちのためセールでGlobal版が安くなっていました。送料約400円込みで40230 円でした。購入は下記からどうぞ。各セラーでも在庫が少なくなっているようですのでお早めにどうぞ。

China版とGlobal版
Global版は海外向けモデルですので最初から日本語対応しています。それに対してChina版は中国国内向けのため、日本語が入っておらず、またGoogle関係のソフトがインストールされていませんブートローダーアンロック(要1ヶ月待ち)して日本語化できる能力が必要とされます。中級者以上向けですね。安いからと言ってChina版を購入すると後悔するかもしれません。

Mix 2S通常モデルのスペックをチェック

Mix 2Sは通常モデル(RAM 6GBとROM64/128GB)と最上位モデル(RAM8GB/ROM256GB)に分かれています。ここでは通常モデルのスペックをチェックしていきます。なおカラーはブラックとホワイトの二種類しかありません。

ボティ


寸法
150.9 x 74.9 x 8.1 mm

重量
191 g

ボディ
前面ガラス、アルミニウム合金フレーム、背面セラミック仕上げ

SIM
デュアルSIM (Nano-SIM, デュアルスタンバイ)

ディスプレイ
IPS 液晶
Corning Gorilla Glass 4

ディスプレイサイズ
5.99インチ/画面比率81.9%
1080x 2160 pixels, 18:9 (403 ppi)

サウンド
スピーカーあり
3.5mmジャックなし

センサー
GPS、電子コンパス、加速度、環境光、超音波による近接センサー、ジャイロ、ホール、気圧、指紋

ボディの特徴はなんといっても三辺ベゼルレスということですね。約6インチの液晶ディスプレイが表面のほとんどを占めており、ボディ本体の大きさに対して画面を有効に使うことができます。またノッチではないので、スッキリとしていて美しいのも見逃せません。これはJDI(ジャパンディスプレイ)渾身のFULL ACTIVE技術があってこその成果です。

(参考)JDIが4辺狭額縁の「FULL ACTIVE」ディスプレイを披露 18:9のニーズが増えている理由は?|ITmedia Mobile

一方でベゼルを狭くした分、フロントカメラが下部に配置されることになり、フラッシュや赤外線センサーを取り付けることができませんでした。ノッチを持つMi 8との違いがここに現れています。この問題はスライド式になったMix 3では解消されています。

もうひとつのボディの特徴はMix2から引き継いだ背面のセラミック仕上げです。とても美しく仕上がっています。デザインはデザイナーのフィリップ・スタルクが手がけたとのこと。

プラットフォーム


OS
Android 8.0 (Oreo)/ MIUI 9
→ Android 9.0 (Pie)/ MIUI 10アップグレード可

SoC
Qualcomm Snapdragon 845

RAM
6/8 GB

ROM
64/128 GB

Micro SDカード
×非対応

Antutu score
290,000点台

最高スペックSoCのスナドラ845ですので申し分ない性能です。Antutuも当初は27万程度でしたが、MIUI10になって29万点近くの成績を残すようになっています。また当初は発熱が問題になっていましたが、MIUI10になって改善されたのか筆者が使う限り「熱い」と感じるほどの発熱はありません。

Antutu v7 スコア

RAMも6GBあれば不足することはほとんどありません。

欠点はやはりMicroSDカードによるストレージの増設が出来ないことですね。64GBだと写真や映像を撮りためるとやや不足するので、不安な方は128GBをおすすめします。

カメラ


リアカメラ
メイン:12 MP, f/1.8, 4軸光学補正, PDAF(像面位相差オートフォーカス)対応
サブ:12 MP, f/2.4, 2x光学ズーム
デュアルLEDフラッシュ, HDR, パノラマ

フロントカメラ
5 MP, f/2.0, 1/4″, 1.4µm

リアカメライメージセンサー
SONY IMX363/Samsung s5k3m3

フロントカメライメージセンサー
OmniVision OV5675

リアカメラビデオ性能
2160p@30fps, 1080p@30/120fps, 720p@240fps

フロントカメラビデオ性能
1080p@30fps

前作のMix2と比べて大きく変わったのがカメラ性能です。リアカメラがシングルレンズからデュアルレンズになり、取り付け部位も中央から角へと変更されました。リアのメインイメージセンサーは評価の高いSONYのIMX363です。4軸光学補正とPDAF(像面位相差オートフォーカス)にも対応して文句の付け所がありません。カメラ評価サイトのDxO Markにて101点もの高評価を得ています。

通信


3G Band
CDMA1X/EVDO BC0 / BC1 / BC10
WCDMA B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B8 / B9 / B19
TD-SCDMA B34 / B39

4G Band
FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B13 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 / B27 /B 28 / B29 / B30
TD-LTE B34 / B38 / B39 / B40 / B41

Wi-Fi
802.11 a/b/g/n/ac
2.4Ghz/5Ghzデュアルバンド
WiFi Direct対応, ホットスポット対応

Bluetooth
Ver. 5.0
AAC/aptX/aptX-HD

GPS
○あり
GPS, Galileo, GLONASS, BeiDou, AGPS

NFC
○あり

ラジオ
×なし

USB
Ver. 2.0, Type-C

Mixシリーズの特徴の一つに海外バンドフル対応が挙げられます。マイナーなバンドを採用しているDocomoやauにも対応しているのはありがたいですね。

DocomoはW-CDMA B6(FOMAプラスエリア)と、LTEのプラチナバンドであるB19B28に対応。さらにほとんどの中華スマホが対応していないauのB18B26B28をもカバーしています。さらにUQのB41にも対応。もちろん海外スマホに強いソフトバンクの B8にも対応しています。

バッテリー


容量
Li-Ion 3400 mAh

急速充電対応
9V/2A 18W (Quick Charge 3.0)

Qi ワイヤレス充電
○対応(7.5W急速充電)

バッテリー継続時間
59時間

Mix2Sの特徴はなんといってもQiワイヤレス充電に対応していることです。ただし通常版はワイヤレス充電器が付属してきませんので、別途購入する必要があります。

普通の有線充電の方も9V/2A対応なので高速に充電できます。

バッテリー容量は標準的な3400mAh。ただ有機ELのMi 8と比べるとディスプレイが液晶のためやや減りが速い印象があります。

ファーストインプレッション

続いて購入したホワイトの通常モデルをざっと使ってみた印象をレビューしていきます。

開封の儀

Xiaomi mix2s
今回は高額スマホなのでDHLでお届け。一週間ほどで届きました。パッキングまでに3日かかっていてDHL自体は3日ほどしかかかっていません。最後は佐川急便で届きました。
Xiaomi mix2s
さらにビニール袋に包まれていました。
Xiaomi mix2s
いつもよりも大型のパッケージです。フィルムコンホされていますので未開封ですね。少し凹みがありますが、いつものことです。
Xiaomi mix2s
ふたをあけると創業者のレイジュン氏のメッセージカードがお目見え。
Xiaomi mix2s
こんな感じでご登場!電源アダプタが中国タイプで日本では使えないやつです。写真には写ってないですがオマケの変換アダプタが付いてきました。でもかっこ悪いので使いません。Mi8のときは使えるやつだったのですが。
Xiaomi mix2s
付属品一式。いつものやつです。イヤホンジャックが無いので変換ケーブルあり。保護ケースはハードタイプです。Mi8はソフトタイプでした。保護フィルムはついてないので事前に準備しておきましょう!筆者は買い忘れてMi 8のフィルムを応急で貼る羽目になってしまいました。

フォトレビュー

Xiaomi mix2s
ウワサの三辺狭ベゼルです。いつもながらキレイなビルドクオリティです。写真ではわかりにくいですが、上辺の中央に1mmほどの溝がありそれが通話用のスピーカーになっています。
Xiaomi mix2s
ハードケースを着けて見ました。当然ですがピッタリフィット。触り心地も悪くありませんが、滑り易いのが玉に瑕。
Xiaomi mix2s
背面。セラミック仕上げ。指紋認証ボタンとカメラの位置はMi8と瓜二つ。写真ではわかりませんが、中央にうっすらと「MI MIX DESIGNED BY XIAOMI」のロゴが入っています。
Xiaomi mix2s
ハードカバー装着。カバーにも「MI MIX DESIGNED BY XIAOMI」のロゴが入っています。
Xiaomi mix2s
カメラ部分アップ。1mmほど飛び出しています。
Xiaomi mix2s
右サイド。サイドも白いと思っていたのですがシルバーでした。上がボリューム。下が電源です。しっかり作られていてグラグラしません。
Xiaomi mix2s
ボトム。真ん中にUSB Type C。向かって右がスピーカー。左がマイク。
Xiaomi mix2s
トップ側。右の小さい穴はマイク。
Xiaomi mix2s
左サイドはSIMトレイだけ。
Xiaomi mix2s
日本製JDIの液晶パネル。発色や解像度は申し分ありません。ただ有機ELと比べるとどうしても黒の発色で負けてしまう部分はあります。

寸法と重量をチェック

Xiaomi mix2s
本体重量。公称値は191gなので増えている分は保護フィルムの重量です。
Xiaomi mix2s
ハードケースをつけたときの重量。さすがに211gは重いです。ズシッときますね。
Xiaomi mix2s
Mi 8(手前)と比べてみました。一回り小さいのがおわかりいただけると思います。デザインはほとんど一緒!
Xiaomi mix2s
ディスプレイ領域もMi 8と比べてみました。ノッチを除けばほとんど一緒ですね。ちなみにフロントのベゼルがMi 8はホワイトカラーでもブラックになっているので、Mix2sの方はベゼルまでホワイトなのでよりホワイトのイメージが強くなります。※Mi 8はPixelROMです。
Xiaomi mix2s
側面の比較。ミッドフレームは両方ともにアルミニウム合金。手前がMi 8です。
Xiaomi mix2s
ラウンド処理の比較。右側のMi 8はミドルフレームがやや狭くなるように処理されています。

まとめ・評価

以上の通り、ファーストインプレッションをレビューしてみました。ハード性能やカメラ性能については別途レビューして行きたいと思います。

Pros. 満足な点

  • 三辺ベゼルレスでスッキリとしたミニマムなデザイン。美しいセラミック仕上げと高いビルドクオリティで高級感あり。
  • スナドラ845の圧倒的な性能でスピードに不満なし。あらゆる処理を無難にこなす。
  • デュアルレンズでさらに高性能になったカメラ。コンパクトカメラ不要のクオリティ。
  • Qiワイヤレス充電ならびにQuickcharge急速充電対応。
  • グローバル版は日本語完全対応。LTEバンドも日本完全対応!
  • 最高レベルのスマホなのに4万円近くで購入可能(執筆時)

Cons.不満な点

  • そこそこに重い。片手で持つとずっしり。
  • ハイエンドであれば有機ELディスプレイにしてほしい。
  • MicroSDカードに非対応でストレージ増設不可。
Mi Mix2Sの評価
デザイン
(4.5)
ハード
(4.0)
プラットフォーム
(5.0)
カメラ
(4.5)
ソフトウェア
(4.5)
総合評価
(4.5)

Marlowe

評判通りの良い機種だな。グローバル版は日本語ならびに日本バンドに完全対応で初心者でも使いやすい。中華スマホデビュー用に値段がお手頃な今が買いどきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です