【Xiaomi Smart Weight Scale】シャオミの高機能なスマート体重計を購入してみた(実機レビュー)

Marlowe

Xiaomiを筆頭に近年の中華製家電の品質の向上はめざましい。サービスや保証を度外視すればコスパ的に日本製をしのいでいる商品も出てきた。今回はその一つ。スマート体重計を紹介するぞ。

スマート体重計とは?

最近の体重計は体重以外にも体脂肪率 やBMIなど様々な健康指数を計測することができるのは皆さんご存知だと思います(体組成計というらしい)。我が家でもオムロンの下記のような体重計を使ってきました。ただ、ボタンを押さないと切り替えができないし、いちいちメモを取って記録するのも面倒くさいので、結局体重しか計測しなくなります

そこで近年登場してきたのが、計測したデータをスマホに転送して管理するスマート体重計(体組成計)なんです。記録をすべてスマホがしてくれますし、データの比較が簡単にできます。

我が家の体重計。使い方が乱暴なせいか、5年ほど使用したのち、画面がつかなくなってしまいました。そこでスマート体重計を購入を検討し始めたのですが、日本のメーカーの製品は高い!だいたい10,000円前後するので、体重計にこんなに払うべきか?と二の足を踏んでしまいます。

そこで毎度のごとく中華メーカーの製品を探すると、中国の新進家電メーカーXiaomiから手頃な下記の商品が発売されていました。価格も50$前後でなんとか手の届く範囲。香港の通販サイトGearBestで購入し、2ヶ月ほど使用してみましたので、早速レビューしていきます。

ちなみに国内でもAmazon等で並行輸入業者が販売しています。こちらは若干高くなりますが、個人輸入が不安という方におすすめです。

なおこちらの製品(体組成計)とは別に、省機能版(体重計)が販売されていますのでご注意ください。性能が圧倒的に違いますので、体組成計をおすすめします。体重計はこちら↓↓↓。

見た目からは想像のつかない高機能

本体は極めてシンプルでボタンが一つもなく、表示されるのは体重だけ。本体だけだとまったく性能を発揮できませんが、スマホと連動させることで、以下の10項目が計測できるようになります。これがスマート体重計といわれる所以ですね。Xiaomiは本体をシンプルにして、スマホ連動でコストダウンをはかる手法を得意としている家電メーカーです。

計測項目

  • Weight:体重
  • Body Score:ボディスコア(Xiaomi独自の基準)
  • Visceral Fat:内臓脂肪
  • BMI:ボディマス指数。肥満度を表す。
  • Body Fat Percentage:体脂肪
  • Muscle Mass:筋肉量
  • Water:体水分率
  • Basal Metabolic Rate:基礎代謝率
  • Bone Mass:骨量
  • Figure:体型

特徴とスペック

  • AndroidとiOSともにアプリ提供
  • ガラス部分は強化ガラス
  • 本体はABS樹脂製
  • ステンレス溶接加工(どこにしてるかわからないが…)
  • 大きめなマットサイズ: 30 x 30cm
  • 計測可能範囲: 5 ~ 150kg
  • 16人分のデータをサポート
  • 電源:単4電池×4
  • オプションでシリコンカバーあり
  • 製品重量: 1.6300 kg
  • 製品寸法: 30.00 x 30.00 x 1.50 cm

 

開封の儀

今回はGearBestで購入しました。「Japan Direct Air Line」で到着まで7日かかりました。

梱包はこんな感じ。最後は佐川さんでした。

箱は当然、いくつか凹みがあります。毎度のことでもう気になりません。箱のデザインはいつもAppleリスペクトでかっちょいいですね。

中の梱包です。しっかりしているので外箱が凹んでも大丈夫。

商品はさらにビニールで包まれています。丁寧な梱包に好感が持てますね。

小箱に説明書が入っていました。外箱のアイコンをみる限り電池も入ってそうなのですが、入ってませんでした(;_;)。商品仕様を見ると電池は付属しないと書いていました。海外用にはつけないようですね。

 

電池は背面に入れ口があります。単4×4です。

ファーストインプレッション

本製品のデザイン的な売り込みは次の画像のとおりです。めちゃ薄ボディにコーナーラウンド、大きめのマットサイズ、そして隠しLEDメーターといったところです。

ただインプレッションとしてはもう少し上手にデザインできたかもな、という感もあります。LEDは確かにオシャレな感じですが、全体的な造形がちょっと野暮ったい感じです。Appleだともう少しかっこよくなるのではないでしょうか。今回は耐久性を結構重視した感じもあります。今後のブラッシュアップに期待ですね。

と厳しいコメントを書きましたが、国産メーカーに比べれば十分にかっこいいと思います。

 

こちらが実機。いつものシンプルなデザインです。ただ形状的にもう少し洗練の余地があるように思います。

薄さはこんな感じ。めちゃくちゃ薄いって感じでもないです。

足の部分。シリコン素材でけっこう安定感があります。白い部分の素材はABS樹脂。

背面にXiaomiのロゴと製造情報。

アプリ連携

Mi Fitのインストールとアカウント作成

 

Xiaomiが配給するアプリがAndroid/iOSともに入手できます。ハード側がBluetooth4.0に対応していれば問題ありません。下記リンクよりどうぞ。

Mi Fit

Mi Fit
開発元:Anhui Huami Information Technology Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

以下、筆者のAndroid8環境でアカウント登録をご紹介していきます。Mi Fitを起動するとアカウントについて聞かれるので新規登録からアカウントを作成します。Googleアカウントと紐付けると簡単に登録が終わります。

  • STEP.1
    アカウント登録
    Mi Bandなどを所有していてすでにMi Fitのアカウントを持っているかたはサインインから。初めて使う方は新規登録を選択してください。
  • STEP.2
    Googleアカウントと紐づけ
    現在地は日本を選ぶとして、アカウントの作成方法はGoogleアカウントと紐付けるのが簡単です。

  • STEP.3
    Mi Fitとのペアリング
    続いて本体とスマホをBluetoothでペアリングします。アプリのプロフィールから「デバイスを登録」を選びます。

  • STEP.4
    デバイスの追加
    画像中央のマイデバイスから+デバイスを追加を選びます。

    いろいろな項目がでてきますが、見ての通り体重計/体組成計を選びます。

  • STEP.5
    ペアリング
    以下のデータを収集するけどよいか?と聞いてきますので、OKします。同意しないにすると使いものになりませんねぇ。

    アプリを起動してペアリング検索状態で、体重計に乗ると自動的にペアリングがはじまります。

    体重計の単位などは登録後のこちらのパネルから変更できます。私のものは最初は中国の単位・斤(ジン)が設定されていましたのでKgに変更しました。ポンドも設定できます。


体重を計測する

それでは準備完了。早速計測してみましょう!まずスマホ側でMi Fitを起動します。

もしスマホ側でBluetoothがONになってなければアプリ側で催促してきます。

乗ってみました。オッサンの足が写ってて申し訳ない。LEDライトは写真よりもきれいに見えます。また幅と奥行が30センチありますので、男性でも余裕を持って乗れます。銀色の部分にちゃんと足を載せないと体組成情報が取れません。

別に隠す必要もないのですが、目障りかと思い、体重はモザイクかけておきました。前回や42日前の比較などが一発でわかります。これでもうメモを取る必要はないですね。また同年齢かつ同身長の人と比べた場合どうなのかということも表示してくれます。

ちょっと長い画像ですが、こんな感じでデータがとれました。ご覧のように様々なスコアを表示してくれます。オッサンなんで体重が良くても内臓脂肪がヤバイのがすぐにわかってしまいます・・・。ダイエットで目標値がある方はチェックするのが楽しみになりますよね。

ちなみにペアリングしているスマホごとにMi Fitはデータを切り分けてくれますので、家族で使用していても個人のスマホに個別にデータを送ってくれます。これでうっかり体重を知られてしまうリスクも減りますね??

Google Fitと連携する

Mi Fitに読み込まれたデータはGoogleの健康管理アプリGoogle Fitと連携させることができます。連携はMi Fitの方から行います。以下簡単に手順を紹介します。

  • STEP.1
    Mi Fitからアカウントを追加
    プロフィールから「アカウントを追加」を選びます。

  • STEP.2
    Google Fitを洗濯
    Google Fitを選びます。
  • STEP.3
    完了
    こんな画面になるので追加するボタンを押すと完了です。
  • STEP.4
    データが反映
    Google Fitにデータが反映されました。健康管理データを総合的に管理できますね。

まとめ

以上に見てきたXiaomiのスマート体重計(体組成計)。やはりXiaomiです。予想通りなかなかのクオリティで仕上げてくれてました。2ヶ月使ってみて正直オススメできる逸品です。うちの妻にもかなり好評で、スマホでデータを見るのを楽しみにしているようです。スマート体重計の購入をお考えの方、ぜひ候補の一つに。

+PROS いいところ

  • 日本メーカー製に比べて安価だが、十分な機能を持っておりコスパ良好
  • Xiaomiらしくシンプルで頑丈そうなつくり。
  • アプリが優秀。Bluetooth接続で簡単にデータが取れ面倒にならない。
  • Google Fitとも連携可能。

−CONS ダメなところ

  • デザインがやや未熟。もう少しかっこよくしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です