【Xtrons TB706APL】中華ナビにMalaysk OreoカスタムROMを入れてみた【危険・心労大】

Marlowe

とうとう私は我慢ができず禁断のカスタムROMに手を出してしまった。ここからはもう後戻りはできない趣味の世界だ。

カスタムROMについて

一通り使い方のレビューも終わったので、ここからはもうギークの世界でいいかなと思いリスクを承知でカスタムROMを入れてみました。

注意
カスタムROMとはメーカー非公認の改造OSです。最悪の場合、動作しなくなりますし(文鎮化)メーカー保証もなくなります。くれぐれも自己責任で。ちなみに英語では文鎮化のことをBrick(レンガ)というらしいです(;_;)

入れたのは例のMalayskROM。Malayskさんというロシア人のディベロッパーが開発したカスタムROMです。こんなマニアックな分野でよく頑張ってくれてます。

XDAに解説とダウンロード先が示されています。

https://forum.xda-developers.com/android-auto/mtcd-software-development/rom-malaysk-roms-px5-2-4-gb-8-0-android-t3762724

さてMalayskROMについては、Android6版がよく知られていますが、今回はリスク承知で最新のAndroid8.0版を入れました。というのもPX5系ではAndroid8が主流になりつつありまして、TB706の後継機種であるTE706もAndroid8なので、どうせ入れるなら最新にしたくなるのがガジェットギークです。

8.0のカスタムROMについても、いくつか人柱事例が紹介されてます。

参考 【TB103AP】PX5/Android6→Android8への書換えを、見よう見まねでやってみた【難易度(心労度)高】GT-FOUR.net 参考 oreo版 Malaysk ROM登場!わら太のブログ

GTFOURさんの報告によれば、なんとか可動したものの途中なんどか文鎮になった雰囲気があったとのこと。かなりビビりますが、もうやぶれかぶれです。

インストールに心労極まる

詳しい方法はXDAのページにMalaysk氏が紹介しているマニュアルどおりです。全部英語ですが、ここに書いてあることの意味がわからないのであれば、カスタムROMに手を出すのはかなりヤバイです。文鎮化したときにどうしようもなくなります。ですので今回はあえて詳しく書きません。

マニュアルによればmicroSDカードを2枚用意しろとあります。一つはブート用、もう一つはROM用です。

ブート用とROM用に2枚必要とのこと。32GBも必要ありません。2Gもあれば十分。64GB以上は認識しないので注意。

ブート用のmicroSDはツールを使ってブート専用にしなくてはなりません。私はまずここでつまづきました。microSDスロットが付いているWindowsノートPCで試したのですが、何度やっても書き込みに失敗してしまいます。いろいろと試行錯誤しましたが、結局ノートPCの相性が悪かったようで、別のノートPC(Xiaomi Mi Notebook)にSDカードリーダーを指して再度チャレンジしてみると、すんなりできました・・・。

2枚のmicroSDが準備できたので、おそるおそるインストールにとりかかります。

最初にブート用SDを挿入して、リセットボタン長押しで再起動すると、ドロイド君が登場して、インストールが始まります。

ドロイド君登場

ここまでは良かったのですが、Please remove the sd cardのメッセージが出て、カードを取り出すとリブートが始まり、続いて「Erasing」のメッセージがでるはずなのですが、いくら待てども表示されません…冷や汗が出てまいります。

ブート用SDカードを抜けとの指示。このあとどツボにはまりました。

仕方なくリセットボタンを押して再起動しますが、同じく何も表示されません…。終わったな。文鎮にしてしまったか…。いやひょっとしたら何か間違いがあるのかもしれないと思い、一旦自宅に戻り、データを確認しますが、特に問題なさそうです。

車に戻ると、なぜかBIOSぽいメニュー画面が点滅表示されていて、Erasingと少し表示されては消えている状態になっているではありませんか!しかしその後なにも起きません。おそるおそる再起動をかけます。すると今度は「Erasing」の文字が現れました。どうやらなにかプロセスが動いているのに待ちきれずに再起動をかけてしまっていたようです。

Erase終了後、再起動をかけるのですが、次に出てくるはずのBIOS的な画面が現れません…。ふぅ。

もう一度再起動することにしました。今度はリセットボタンを長めに押してみました。これが効果があったのかわかりませんが、手順通りBIOS的な画面になりました!

ここからはROM用のSDカードを入れて、インストールを続けます。以後、問題はなくデータコピーが終わり、再起動をしてみると…起動しました!初回は3分ほど起動に時間がかかりましたが、無事Android8.0の画面が表示されました。

ROM焼き中。10分ほどかかります。

いやー。GT-Fourさんのおっしゃる何度か文鎮化しかけたという表現の意味がよくわかりました。単純に私のやり方にまずいところがあったのかもしれませんが、心労半端ないっす

ファーストインプレッション

TB706はメモリ2Gですが、OSの操作に特に問題は見受けられません。ランチャーはドロワー型になっていて、これまでよりも使いやすそうです。

最初、Amazonプライムビデオが動作中に頻繁にエラーを起こし、これはしまったかなと思ったのですが、翌日起動してみるとすんなりと再生しました。

またこれまで動作していなかったGoogle Mapのナビゲーションが今のところ問題なく動いています。これは素晴らしいですね。

トップ画面。この画面がでたときはさすがにホッとしました。

デスクトップに現れているアプリ。

ドロワーの中のアプリ その1

ドロワーの中のアプリ その2

設定の一番下にはヘヴィメタ調でMalaysk mod PX5 Oreoのロゴがありました。

まとめ

かなりの無駄な時間と精神的ストレスを受けながらなんとかインストールを終えることができました。インストール自体については、難易度が高く正直、一般ユーザーにはおすすめできません。私の場合は幸運だったかもしれません。

一方で、まだ十分に性能を確かめていませんが、いくつかメリットがあり、カスタムROM経験者や腕に覚えのある方には内容的におすすめできます。

最後に、こんな素晴らしいROMをボランティアで作ってくれたMalaysk氏に感謝いたします。少額ですが寄付させてもらいました。寄付はPayPalの支払いからメールアドレスに〈malay_75@mail.ru〉を入力すると振込できます。今後も継続的に開発してほしいですね。

Marlowe

いやはや。冷や汗モノとのはこのこと。まぁこれがガジェットの楽しみでもあるのだがな。Malayskさんありがとう。その他に気づいたことがあれば追って報告していくぞ。

(追記)続編を投稿しました。下記リンクよりどうぞ。

【Xtrons TB706APL】中華ナビにカスタムROMを入れてみた【Malaysk Oreo その2】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です