上質だけど格安!Amazfit GTR2|ビジネスマンにオススメなスマートウォッチに2代目が登場!

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

Xiaomiの系列会社でAmazfitブランドを手掛けるHuami社は中国でAmazfit GTR2とGTS2を発売しました。

ともに昨年、市場に登場して好評を博したシリーズの続編です。今回も結構なクオリティで攻めてきました。

筆者、初代のGTRをレビューしていますので、ぜひご参考ください。

【実機レビュー】格安スマートウォッチAmazfit GTR登場!金属フレームに革バンドでオッサンは痺れる〜【ビジネス向け】

まずはGTR2から紹介していきます。はじめにプロモーションビデオをどうぞ。

ラウンドタイプのAmazfit GTR2

3Dガラスで覆われた1.39インチの高精細AMOLEDスクリーンとステンレススチールボディのボーダーレスデザインを採用。大人の時計ですね。

Amazfit GTR 2は、50メートルの耐水性を備えており、従来の高級時計に匹敵します。

12のスポーツモードを搭載。ウォーキング、水泳、登山、スキー、クロスカントリーランニングいつでもスポーツの準備をすることができます。また高精度GPSを搭載しており、アウトドアスポーツで豊富な運動データを記録できます。

Amazfit GTR 2には、Huamiが独自に開発したBioTracker TM2 PPG生体追跡光学センサーが搭載されており、24時間心拍数モニタリングを実行できるだけでなく、心房細動と不整脈の自動検出もサポート、専門的に心臓の健康と安全を保護します。運動中は高心拍数、心拍数間隔の振動リマインダーなどの機能も計測することで、運動のリスクを軽減することができます。

Amazfit GTR 2は、約300〜600のMP3曲を保存できます。NetEase Cloud Musicアカウントを接続することでプレイリスト同期やローカルの曲をスピーカーやワイヤレスヘッドフォンでダウンロードすることで、音楽を楽しむことができます。

Amazfit GTR 2にはマイクとスピーカーが追加され、Bluetooth電話を介して、電話の着信に応答できるようになりました。さらに、Xiao Ai(中国語の音声アシスタント)をサポートします。

Amazfit GTR2のスペック

ボディ・ディスプレイ

  • カラー

    黒曜石ブラック

  • ディスプレイ

    AMOLED

  • 最大解像度

    454x454PPI

  • 防水レベル

    5ATM

  • センサー

    BioTracker™2 PPG(サポート血中酸素) 生物学的データセンサー移動加速度センサー、ジャイロスコープセンサー、3軸地磁気センサー、 環境光センサー、気圧センサー

  • ボディ

    アルミニウム/ステンレス鋼

  • 寸法

    46.4 * 46.4 * 10.7mm

  • 重さ

    スポーツ31.5g(ストラップなし)/クラシック39g(ストラップなし)

  • レザーストラップ幅

    22mm

ネットワーク

  • NFC

    対応

  • 無線ネットワーク

    2.4GHz

  • Bluetooth

    Bluetooth 5.0

  • GPS

    対応

  • 持続時間

    14日間

    時計モード38日間

充電・バッテリー性能

  • バッテリー容量

    471mAh(標準値)

  • 充電時間

    約2.5時間

Amazfit GTR2の価格

気になる価格ですが、初代とほとんど変わらず1万円台半ばに押さえてきました。機能を増やしたのに価格は変わらずとはやりますね。スポーツとクラッシックの2種類があり、素材がそれぞれ異なっているようです。

スポーツタイプ

999人民元≒15404

クラッシックタイプ

1099人民元≒16946

Amazfit GTR2のまとめ

Handon映像

初代に比べて、機能面で大幅にアップした印象を受けます。SpO2に対応したり、音楽再生にも対応。NFCや音声AIにも対応です。残念なのはNFCや音声AIが日本で使えないことですね。グローバル版でGoogleアシスタントやAlexaに対応してくれると本当に嬉しいのですが・・・。

以上速報でお伝えしました。ご参考いただければ幸いです。

コメントを残す