【レビュー】RAVPower RP-PC144|コンパクトで二刀流でiPhone12に最適!USB充電器

RAVPowerからUSB-CとAに対応した安価なコンパクト充電器が登場!

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

さて、スマホアクセサリーを手掛けるRAVPowerから新しくUSB-AとCの2 in 1タイプのUSB充電器RP-PC144が登場しました。メーカーさんからサンプルを提供いただいたので早速レビューしていきたいと思います。

RAVPower RP-PC144はこんな方におすすめ!
  1. 安価でコンパクトな充電器がほしい
  2. デバイスを2台以上携帯している
  3. 旅行や出張が多い
  4. iPhoneまたはGalaxy使い
iPhoneと相性がいいぞ

RAVPower RP-PC144のセールスポイント3点をチェック

1. 最大30W出力!2台同時充電も可能!

コンパクトなのに30W出力に対応しています。

さらにUSBポートはType-AType-C二刀流。スマホとタブレットを同時充電なんてことも可能です。

出張、旅行のお出かけの際に、ポケット、バッグ、スーツケースの隙間に忍ばせておけば、いざという時に大いに活躍してくれます。

2. 最新の充電技術PPSに対応。Galaxy使いなら必須!

最新の充電技術PPSに対応しています。PPSに対応しているデバイスは多くはないのですが、もっとも知られているのはSamsungのGalaxyシリーズ。わずか30分で最大64%の充電が可能です。

3. 最新PD3.0対応で幅広い機種に急速充電

USB-Cポートは世界的な統一規格であるPD(Power Delivery)規格に対応。MacBookやNintendo Switchなどが対応しており、急速充電が可能です。

USB-AポートはQuick Charge 3.0に対応し、最大18W出力の急速充電が可能。従来の充電器より2~3倍の速度で、対応機器をわずか35分で最大80%まで充電可能。

2ポート搭載により、Androidやその他USB-A対応機器を最大2台まで充電でき、USB-C 2ポートと組み合わせて使用すれば、最大4台の機器接続可能など、もっと自由自在な使い方ができます。

USB PDとは?

USB PDの「PD」とは、電源供給を意味する「Power Delivery」の略です。USB Type-Cに対応した規格の一つで、最大100W(20V / 5A)で給電を行うことができます。ただし、USB Type-Cだからと言って、必ずしもUSB PDに対応しているわけではありませんので注意。PDを使うには、充電器、ケーブル、デバイスの3者が対応している必要があります。

 

  • RAVPower RP-PC144を購入するならAmazonがおすすめ。

RAVPower RP-PC144の実機レビュー

それでは早速、実機をレビューしていきましょう。

ライトブルーを貴重にした化粧箱。コンパクトです。すべて紙製品で梱包されており、環境への配慮もしっかりしているのは好感が持てます。

付属品はマニュアルだけ!

PD対応のUSB-CとiSmart対応のUSB-Aが一口ずつ。

背面には折りたたみプラグ。マットな質感です。

RAVPower RP-PC144のサイズチェック

RP-PC144の大きさと重量をチェックしていきましょう

同じくコンパクトサイズのRP-PC112(61W)と比べてみました。ほぼ同サイズですね。

RP-PC112がちょっとだけ大きいです。

十円玉と比べてみました。

手にすっぽりと収まるサイズ感です。

重さは84g(公称値は80g)。軽量ですね。

RAVPower RP-PC144の充電能力をチェック

USBテスター(USBテスターAVHzY CT-3)で充電能力をチェックしてみます。

USB-CはPD対応となっており、PD3.0の33WやUSB BC(DCP1.5A)に対応していることがわかります。

USB-Aの方はApple 2.4Aを始め、Quick Charge 3.0、Samsung AFC、Huawei FCPに対応していますが、PDには対応していません。したがって、対応機種によってポートを使い分ける必要があります。

iPad Air 4を充電。15V/1Aで充電していました。

USB-Aからは5V/1A・・・。他の充電器でもType-Aからは低出力の様子。iPad Air 4はType-Cポートで充電しましょう。

スマホの充電。OnePlus8。USB-Cで5V=2A程度を供給。

Ankerのモバイルバッテリー。Type-CでPDに対応している機種です。USB-Cからは15V=1.5A程度で充電していました。

RAVPower RP-PC 144を類似製品と比較してみた

RAVPower RP-PC 144の類似機種との比較表

GaN採用の高出力充電器は新しい分野にもかからわず各メーカーが参入しています。ここでは比較的性能が類似しているBaseusとAnkerの製品を取り上げて、性能の比較を行ってみました。

項目RAVPower
RP-PC144
AUKEY 32WAnker PowerPort PD 2
商品
寸法49 x 49 x 29 mm50 x 49x 28 mm63 × 62 × 29 mm
重量80 g79 g100g
出力(USB-C)5V / 3A
9V / 2A
9V / 2.22A
9V / 2.77A
15V / 2A
(最大30W PD 3.0)
5V / 2.4A
9V / 2.22A
12V / 1.67A
(20W PD 3.0)
5V / 3A
9V / 2A
出力(USB-A)5V / 3A
9V / 2A
12V / 1.5A
(最大18W)
5V / 2.4A5V / 2.4A
合計最大出力30W
(20W + 10W)
32W18W
対応プロトコルPD 3.0
Quick Charge 3.0
PPS対応
PD 3.0PD
Amazon価格¥2,099¥1,680¥2,190

この表からライバル3機種との比べて次のことが言えます。

  • RavpowerとAukeyはほぼサイズが同じ。Ankerはサイズも重量も一回り大きめ。
  • Ravpower製品は出力の対応が多く、最大30W/18Wまで対応。
  • Ravpower製品はQuick Charge 3.0に対応。

ということで、とりわけAndroidも一緒に使うならPPSなど各種充電規格に対応しているRavpower製品が頭一つ抜け出ている感があります。

Ravpowerの他の製品と比べると‥

2 in 1タイプでノートPCもUSB-Cで充電したいとなれば上位機種でGaN採用のRP-PC133があります。GaNを採用しているためコンパクトですが、価格が結構上がります。

PD 充電器 RAVPower Type C 急速充電器 65W USB-A + USB-C 【GaN (窒化ガリウム)採用/2ポート/PD対応/折りたたみ式/PD Pioneer Technology採用】 iPhone/MacBook/ノートパソコン/Switchなど対応 RP-PC133 (ブラック)
RAVPOWER

USB-Aなんていらないぞっていう先進派にはUSB-C✕2口の充電器もあります。⬇

USB Type C 充電器 RAVPower PD対応 充電器 90W 2ポートUSB-C 急速充電器 (GaN (窒化ガリウム)採用/2ポートで出力最適化システムPD Pioneer Technology採用/PD3.0対応/ PSE認証済 iPhone、iPad Pro、MacBook Air、SwitchなどUSB-C機器対応【Amazon.co.jp 限定】
RAVPOWER

RAVPower RP-PC144の評価まとめ

実際に使ってみての第一印象は「窒化ガリウム使っていないのにコンパクトやん!」でした。

出力が30Wまでですので、ノートPCには使えませんが、スマホとタブレットの充電には十分な能力です。出張や旅行、外出が多い方には重宝するでしょう。

安価でコンパクトな2in1タイプをお探しなら、本製品がオススメです!とくに充電器が付属していないiPhone12用に探しているのであれば、本製品がぴったりです。

RAVPower RP-PC144の評価
  • デザイン
  • 給電性能
  • サイズ・使用感
  • コストパフォーマンス
3.9

総合評価

安価だが、必要十分な能力。スマホメインの人向け。

 

\ あわせて読みたい /

【レビュー】RAVPower RP-PB125 2-in-1モバイルバッテリー付充電器|出張や旅行におすすめする理由4点!【徹底解説】【レビュー】Anker PowerPort Speed 1 PD 60|コンパクトなのにハイパワーな急速充電器【ノートPC向け】【レビュー】Anker PowerPort Atom PD1|ゴルフボールサイズなのにパワフルな急速充電器【30W】

コメントを残す