【レビュー】ポータブルSSD VAVA VA-UM003|MLC採用なのに圧倒的安価!|USB-Cスティック型

USB-Cコネクタでマルチに対応できるスティック型

ガジェット探偵事務所へようこそ!所長のマーロウ(@marlowesgadget)です。

さて、今回は家電やPCアクセサリーを手掛けるVAVAから新登場した外付けポータブルSSD VAVA VA-UM003をメーカーからサンプル提供いただいたので、レビューしていきたいと思います。

VAVAは日本ではまだあまり知名度の無いブランドですが、Amazon.comを見るとアメリカではそこそこ知られたブランドのようです。日本ではプロジェクターをメインに販売していますが、PCアクセサリーにも進出してきました。

本製品はもともとRAVPowerブランドで発売されていましたが、VAVAの日本進出に伴いリブランドされて発売された商品です。

VAVA 外付けポータブルSSDはこんな目的におすすめ!
  1. 動画や写真など大容量データを持ち歩きたい。
  2. RAWで撮影することが多い
  3. ノートPCのディスク容量が不足している
  4. iPadやAndroidのデータをバックアップしたい
  5. 速度と安定性を重視したSSDが欲しい
iPadでも使えるぞ

VAVA VA-UM003のセールスポイント3点をチェック

1. 業務用レベル!高性能MLC型のSSDを採用

SSDを含むNAND型フラッシュメモリはセルにどのような単位で書き込みをするかで、性能が変わってきます。3bitで読み書きを行うTLC型が最も安価で普及しています。

筆者も、当然TLCと思っていたのですが、本製品はなんとMLCでした!MLCタイプのSSDなんて高級品です!

ただ本製品はデバイスへの接続方式が高速なNVMe接続ではなくSATA接続のため、読み込みが上限の540MB/s程度に制限されてしまうのが残念ではあるのですが、書き込みも高速ですし、耐久性や安定性の面で高品質であることには代わりありません。

正直、これは他社製品との大きな差別ポイントだと思います。Samsung製品でいうとMLCがPro、TLCがEVO、QLCがQVOに当たります。

タイプSLCMLCTLCQLC
セル書込1bit2bit3bit4bit
耐久性◎◎
読み込み◎◎
書き込み◎◎
価格
特徴入手困難業務用一般的メリット少ない
SSDのタイプとメリット

2. USB-Cコネクターに対応。iPadやAndroidにも対応できる

ポータブルSSDは多くの種類が出回っていますが、大きく次の三種類に分けられます。

  1. USB-Aのスティック直挿し型
  2. USB-C/USB-Aに両対応したスティック型(ケーブル接続)
  3. USB-C/USB-Aに両対応したカードサイズ型(ケーブル接続)

本製品は②に属します。市場に多く出回っているのは③のタイプです。

なんといってもUSB-Type Cに対応しているので、AndroidやiPad、MacBookで使用できるというのが大きな特徴です。

3. わずか40g。ライターサイズで持ち運びに便利

なんといってもコンパクトさが優秀です。重さはわずか40g、ライターと同じくらいの大きさなので、ポケットに入れることができます。

ポータブルSSDなので、持ち運び前提ということであれば、少しでも重量とサイズは小さくしたいですよね。そんな期待に答えてくれる製品です。

ちなみに持ち運び用の布ケースも付属します。

 

  • VAVA 8-in-1USB-Cハブを購入するならAmazonがおすすめ。

VAVA ポータブルSSD VA-UM003を類似製品と比較してみた

ポータブルSSDは数多くありますが、USB-C対応でスティック型となるとだいぶ限られてきます。TranscendとBUFFALOの製品を比較用に取り上げてみました。

項目VAVA VA-UM003Transcend TS960GESD250CBUFFALO
SSD-PH1.0U3-BA
商品
寸法10.2 x 3 x 0.85 cm12.0 x 3.36 x 0.75 cm10.3 × 3.15 × 0.98 cm
重量41g47g40g
容量1TB960 GB1TB
接続規格USB3.1 Gen2USB3.1 Gen2USB3.1 Gen2
転送速度(最大)540MB/s 520 MB/s1,000MB/s
対応システムWindows 7以降
Mac OS 10.12以降
Android 4.4以降
PS4/PS4Pro
Windows 7以降
Mac OS X 10.0以降
セルタイプMLC?(TLC)?(TLC)
インターフェースSATA III?(SATA)NVMe
USBコネクタUSB Type CUSB Type CUSB Type C
暗号化アプリ
保証18ヶ月+12ヶ月(製品登録後)3年保証1年
Amazon価格¥14,999¥16,141¥18,036

この表からライバル3機種との比べて本製品の特徴は次のように指摘できます。

  1. 1TB級では圧倒的に最安値。
  2. セルがMLCで高性能

Transcendと比べると本製品が優れていますが、Buffalo製品は接続がSATAよりも高速なNVMeなのでスピードに2倍近い差が出ているところが大きな違いです。

ただこのクラスのスピードになってくると、OSを入れて使用するとか、10GBを超える大容量データを転送しない限り、スピードの違いを感じることはできないと思います。

VAVA ポータブルSSD VA-UM003のフォトレビュー

それでは早速、実機をレビューしていきましょう。

ブラックを基調にした高級感のある化粧箱。プレゼントとしてもオススメです。

紙製品で梱包されており、環境への配慮もしっかりしているのは好感が持てます。

本体はスポンジで保護されていて衝撃対策もバッチリ。

付属品一式。USBケーブルと布ケースが付いてきます。もちろんマニュアルも。

マニュアルも日本語でしっかり。

本体はアルミ合金製なので、重厚な質感あります。放熱対策も兼ねていると思われます。シルバーなのでアップル製品との相性が良好!

背面は樹脂コーティング仕上げ。滑り止めになっています。

側面。ライターサイズです。

反対側。USB Type Cポート。小さな穴はLEDランプです。

USBケーブルを挿した状態。ケーブルは最低限の長さ。

VAVA ポータブルSSD VA-UM003のサイズチェック

手のひらに収まるコンパクトさてす。

重さはたったの40gなので携帯しても重荷になりません。

布ケースにケーブル2本を同梱すると76gでした。

USB-Cを備えたiPad AirやProとの相性抜群です!

ノートPC Xiaomi Air 12とUSB-Cで接続。MacBookのようにUSB-CしかないノートPCとも相性良し!

VAVA ポータブルSSD VA-UM003読み書き速度チェック

本製品の性能で最も気になるのは、ちゃんとSSDの速度が出ているかどうかだと思います。Windows、Mac、iPad、Androidスマホの4機種でチェックしてみました。

Windows PCでの接続

まず初期状態でexFATにフォーマット済みなのでWindowsばもちろん、MacやiPad, Androidでもフォーマット無しで認識します。これは便利!

ディスクスピード計測は定番のCrystal Disk Markにて。シーケンスで定格以上の速度が出ています!

同じくATTO Disk Benchmarkで計測。1MB位から定格の速度が安定して出ています。

Macでの接続

前述の通り、exFATなので挿すだけで問題なくマウントします。

Mac版Crystal Disk MarkのAmorphous Disk Markで計測。やや低く出ました。フォーマットまたは環境の問題かもしれません..

Androidでの接続

OnePlus 8にて。こちらもケーブルつなぐだけで出力してくれます。

↑A1 SD Diskにて計測。380MB/s程度出ています。

CPDT Benchmarkにて測定。360MB/s程度出ています。

iPad Air 4での接続

Androidと同じくケーブルを挿すだけで認識してくれます。iOSは適当なテストアプリがありませんでしたのでスピード未計測。

以上、各デバイスで高速で接続できることを確認しました。SSDに気になるのは発熱ですが、200GB程度のデータを転送(Macで18分程度)した限りは、ほんのり温かくなる程度で、速度の遅延は見られませんしたので、日常的な使用上の問題はないと思います。

VAVA ポータブルSSD VA-UM003のセキュリティアプリをチェック

持ち運び前提の製品なので、暗号ロックアプリが付属しています。最初からディスク内に格納されているので便利!

セキュリティモード。オンにするだけでロックがかかります。

パスワードはお忘れなく。ちなみにiPadやAndroidではロック解除ができないので注意!

これでセキュリティモードになりました。解除するときはセキュリティモードをOFFにするだけです。

VAVA ポータブルSSD VA-UM003の評価まとめ

実際に使ってみての第一印象は「MFCでこの価格は安すぎ!」でした。デザインもクールでかっこよいですし、MacやiPadにぴったりです。この価格でここまでしっかりと作っていることに好感が持てます。

ポータブル用途であれば高価なNVMeでなくSATAでも十分ですし、あとは価格ですよね。

実際に使用してみて、問題なくスムーズに使えましたので、ポータブルSSDをお探しの方、ぜひ候補の一つに加えてみて下さい。オススメです!

ではでは。

VAVA ポータブルSSD VA-UM003の評価
  • デザイン
  • 読み込み速度
  • 書き込み速度
  • 使いやすさ
  • コストパフォーマンス
4.2

総合評価

MLC採用でこの価格なら納得!デザインも良し!

 

\ あわせて読みたい /

コメントを残す